FC2ブログ

COCOマミーのケ・セ・ラ・セ・ラ

数あるブログの中から私の拙いブログを訪れて頂いて、有難うございます。このブログは主婦としての日常・北海道札幌市周辺地域情報・大好きな国内旅行等ジャンルを問わず綴っています。 宜しくお願いいたします。

検索フォーム

ブログ内の検索にどうぞ

プロフィール

mamicoco

Author:mamicoco
専業主婦 
パソコンに夢中なおばさんです。
ニックネーム COCOマミー
星座  いて座
居住地  北海道 

クリック募金

クリックで救える命がある。

楽天





ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

モラタメ.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

また京都市バス59番に乗って仁和寺を目指しました。
途中に竜安寺があるのですが、先に仁和寺へ行きました。

そのころから残念ながら雨が降ってきました。


仁和寺は仁和4年(888)に創建された寺院なんですね。
五重塔や二王門などは江戸時代に建立された建造物だそうです。

仁和寺は、正式には「真言宗御室派総本山仁和寺」というそうです。

平成6年には世界遺産に登録されています。

仁和寺のHPはこちら



仁王門
京都3大門の一つとのことです。
P1050532.jpg

拝観受付から”御殿”に入っていきます。
御殿は拝観料大人500円が必要です。

仁和寺の御殿は、南庭、北庭、2つの庭に書院や宸殿(しんでん)といった建物を鑑賞できます。
IMG_5884.jpg

かつて宇多天皇が住んでいた御殿
IMG_5893.jpg

廊下も歴史を感じますね~!
IMG_5896.jpg

白書院
IMG_5886.jpg

こちらで竜王戦が行われたんですね~!
IMG_5902.jpg

欄間の細工とか襖絵が素晴らしかったです。
IMG_5903.jpg

渡り廊下
IMG_5917.jpg


勅使門
この門を通ることができるのは皇族の方のみだそうです。
IMG_5921.jpg


霊明殿
IMG_5904.jpg

国宝金堂
IMG_5943.jpg

五重塔
P1050541.jpg

仁和寺を守る社である「九所明神」
IMG_5928.jpg


仁和寺の境内はとにかく広いです。
仁王門から金堂まではかなり距離がありましたよ。

ここにいる間はかなりの雨が降り、ちょっと残念でした。


御殿と金堂手前の授与所の2か所で頂きました。
DSC_0400.jpg DSC_0401.jpg







12月17日、京都旅行3日目は、
市バス59番の路線上にある「金閣寺」「仁和寺」「竜安寺」へ行くことにしました。

まずは地下鉄烏丸線で今出川駅まで行きます。
そこから市バス59番に乗り換えました。

この日は雨の予報で朝から曇っていました。
それでも金閣寺は何とか降らずに済みました。

金閣寺は正式名称は”鹿苑寺”というんですね。
舎利殿「金閣」が特に有名なため一般的に金閣寺と呼ばれているのだそうです。

平成6年(1994年)にユネスコの世界遺産(文化遺産)「古都京都の文化財」の構成資産に登録されています。

金閣寺のHPはこちら

元は鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘を室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け、山荘北山殿を造ったのが始まりとされています。金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世にあらわしたと言われ、有名な一休禅師の父である後小松天皇を招いたり、中国との貿易を盛んにして文化の発展に貢献した舞台で、この時代の文化を特に北山文化といいます。義満の死後、遺言によりお寺となり、夢窓国師を開山とし、義満の法号鹿苑院殿から二字をとって鹿苑寺と名づけられました。

(写真をクリックすると大きくなります)

総門
IMG_5832.jpg

鐘楼
IMG_5833.jpg

金閣寺が見えてきました。
P1050517.jpg

わぁ~、金色が綺麗ですね~!
IMG_5837.jpg

昭和に大改修を行っていますが、2003年(平成15年)にも屋根の全面葺き替えを行っているんですね。この時に屋根はチタンを使い過去の技術と現代の技術の融合を図ったそうです。そして、さらに光り輝くように、金箔の全面補修も合わせて行われており、20万枚の金箔が補修されたとのことです。
P1050524.jpg

むか~し、修学旅行でも行ってるのですが、
その時は全然光っていなかったという思い出があります。

それなので、今回は光り輝いて綺麗だったことに感動しました。

ここにも鳳凰がありました。
IMG_5853.jpg

IMG_5867.jpg

銀河泉
義満がお茶の水に使ったと伝えられている
P1050526_2020011617400323b.jpg

龍門滝
P1050527.jpg

夕佳亭
江戸時代、傾きかけた金閣を復興し、池泉庭を修復した鳳林承章(ホウリンジョウショウ)が、金森宗和(茶道家)に造らせた数寄屋造りの茶席
南天の床柱と萩の違い棚で有名な3帖の茶室
P1050531.jpg


御朱印
DSC_0399.jpg


金閣寺をあとにして仁和寺へ向かいました。




宇治駅よりまたJR奈良線に乗り、稲荷駅で下車して、
すぐ目の前の”伏見稲荷大社”へ行きました。

伏見稲荷大社のHPはこちら

お稲荷さんといえば全国に30,000社あるといわれてるそうで、
全国各地で老若男女を問わず親しまれていますね。
その総本宮が伏見稲荷大社なのだそうです。

IMG_5812.jpg

楼門
P1050508.jpg

本殿
P1050509.jpg

千本鳥居

これが見たかったんですよね~!
まぁ、見事でした~!

元来、稲荷の鳥居は社殿と同じく「稲荷塗」といわれ、朱をもって彩色するのが慣習となっているそうです。
P1050510.jpg

中を撮った写真がこれまたブレブレでしたので、
他のサイトからお借りしました。

千本鳥居
ここまで赤くはなかったですが・・


本来は稲荷山を登るべきなんでしょうけど、
朝一の清水寺の疲れがずっと尾を引いていて、
とても登る気になれなくて奥社奉拝所までしか行きませんでした。

奥社奉拝所まで連続で造営されている鳥居を「千本鳥居」というそうです。

稲荷山の山中には、おびただしいお塚が群在し、参道には数千もの朱の鳥居が建ち並んでいるそうです。

奥社奉拝所のすぐそばにに”おもかる石”がありました。

奉拝所の右側後に、一対の石灯篭があります。この灯篭の前で願い事の成就可否を念じて石灯篭の空輪(頭)を持ち上げ、そのときに感じる重さが、自分が予想していたよりも軽ければ願い事が叶い、重ければ叶い難いとする試し石です。

願い事を思い浮かべながら持ってみました。
思ったよりは軽く感じたので、願いが叶うかな?

IMG_5826.jpg

さすがお稲荷さんだけあって、いたるところに”キツネ像”がありました。
P1050512.jpg


実はこの後の予定としては「東福寺」に行く予定でしたが、
稲荷駅にやってきて東福寺の閉門時間を確認したら、
なんと拝観受付が15時30分閉門が16時ということで、
すでに16時は過ぎていました。

夜は祇園の予定でしたが、どっちにしてもこの日は疲れすぎてヘロヘロで、東福寺も祇園も行く体力は残っていませんでした。

京都駅JR京都伊勢丹で焼肉弁当を買って、
ホテルに戻って食べてお風呂に入って9時には寝ちゃいました。


御朱印
DSC_0386.jpg


2日目の午後はJR奈良線に乗り、
まずは”世界遺産 平等院”に行きました。

宇治駅で下車、徒歩で10分くらいです。


平等院は、10円玉に描かれているあれですね。

平成6年(1994年)に登録されたユネスコ世界遺産「古都京都の文化財」の構成物件の一つでもあります。


世界遺産 平等院のHPはこちら

拝観料は鳳凰堂内部拝観が一人300円
平等院ミュージアム鳳翔館が600円です。

(写真をクリックすると大きくなります)
IMG_5779.jpg

藤原頼道が1052年(永承7年)に開創した宇治平等院は、藤原全盛期の象徴ともいえる寺院です。
平成の大修理が2012年から2014年に行われ、創建当時の煌びやかさが蘇っています。


鳳凰堂入り口
ここから入りました。
IMG_5783.jpg

鳳凰堂は中央の「中堂」、その両側に「北翼廊」「南翼廊」、中堂の後ろ側には「尾廊」が控えるという計4棟から構成されています。
IMG_5793.jpg

鳳凰堂の内部は修理中のところがありましたが、
かなりみられる状態にはなっていました。

サイトから写真をお借りしました。

「木造阿弥陀如来坐像」と、52躯の「木造雲中供養菩薩像(長押(なげし)上の小壁にあるものです)
阿弥陀如来坐像平等院木造
天蓋などの細かい造作が見事で素晴らしかったです。

国宝「阿弥陀如来坐像」のお顔が外から見えるようになっています。
IMG_5795.jpg

IMG_5796.jpg

紅葉や桜のシーズンはさぞきれいでしょうね。
P1050502.jpg

鳳凰堂の大屋根を見ると、左右にそれぞれ「鳳凰」が乗っています。
これは2代目で初代の国宝鳳凰は「平等院ミュージアム鳳翔館」に展示されています。
一万円札にはこの鳳凰が描かれています。
P1050506.jpg

日本三名鐘のひとつに数えられる梵鐘の二代目。
国宝に指定されたオリジナルは「平等院ミュージアム鳳翔館」に展示されています。
IMG_5802.jpg

この建物が何だったか不明?
IMG_5804.jpg

「平等院ミュージアム鳳翔館」も観てきました。
国宝や重要文化財が多数収められていて、見ごたえがありました。
中は撮影禁止でした。

ここはぜひ、お勧めです。
(写真は「旅ぐるたび」さんよりお借りしました。)
平等院ミュージアム鳳翔館

国宝梵鐘も国宝鳳凰、重要文化財である「十一面観音立像」や、宇治市指定文化財である「帝釈天像」「地蔵菩薩像」など見ることができました。

平等院は美しかったですよ~。


御朱印
DSC_0385.jpg



平等院をあとにして”伏見稲荷大社”に向かいました。




清水寺をあとにして五条坂バス停より、
市バス206番で三十三間堂に向かいました。

三十三間堂のHPはこちら

拝観料 大人一人600円

三十三間堂の正式名称、蓮華王院の蓮華王は千手観音の別称です。
三十三間堂には千手観音像がたくさんあり、現在の数は1001体、すべてご本尊だそうです。

中央に巨大な千手観音の座像があり、その左右に500体ずつ観音像が並んでいます。

国宝に指定されている風神・雷神と二十八部衆が、
千体観音像の前に安置されています。

とにかく1001体もの観音像が並んでる様は圧巻でした。

三十三間堂は地上16m、奥行き22mですが南北に120mあるんですよね。
1001体もあるんですからそれくらいの長さが必要ですよね。
IMG_5760.jpg

P1050495.jpg

中は撮影禁止だったので残念でした。
(スマホで隠し撮りしている男性を見かけましたが・・)

先手観音像
(画像はどこだったかのサイトからお借りしました)


江戸時代の舞台、「通し矢(とおしや)
現在も「三十三間堂大的全国大会」に使われているそうです。
IMG_5769.jpg

こういうカラフルな建物もありました。
IMG_5762.jpg

鐘楼
IMG_5763.jpg



御朱印
DSC_0384.jpg


この後いったん京都駅に戻りました。



改めて、皆様新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。


さて、また京都旅行記再開させていただきますね。


2日目はまず、清水寺へ行きました。

京都駅前から市バスに乗りました
バスターミナルは京都駅の烏丸口前にあります。
バス乗り場は「D2」か「D1」になります。

バスの運賃は全系統「230円」でした。
1日乗り放題券が600円ですので3回以上乗るのであれば1日乗り放題券を買ったほうがお得です。

私はバスの中で購入しました。

バスの所要時間は10分ほどでしょうか。
五条坂バス停でおりました。

所要時間は徒歩約13分、距離は約800mほどと、
ネットにありましたが、私はもっと時間がかかった気がします。

五条坂から清水寺までずっと坂道なんですよね。
ここが私は一番疲れました。
近道という案内板があったのでそちらを通ったんですが・・。

体力のなさ!!
情けない・・・

坂と階段が苦手なことをつくづく実感しました^^;

ヘロヘロになりながらやっと着きました。

(写真をクリックすると大きくなります)

清水寺のHPはこちら

清水寺は1994年にはユネスコ世界文化遺産「古都京都の文化財」のひとつとして登録されました。

清水寺の拝観料は400円でした。

仁王門
IMG_5718.jpg

西門
IMG_5721.jpg

三重塔
P1050487_20191225163208998.jpg

本堂(国宝)に入りましたが、
P1050489.jpg

IMG_5733.jpg

ご覧の通りあの有名な”清水の舞台”は、
修復中でこの通りでした。
IMG_5746.jpg

随求堂

P1050485.jpg

ここで”胎内巡り”というのを体験しました。

一人200円です。

本尊の大随求菩薩のお腹の中へ一度戻ってみませんか。目・耳・鼻・舌・体と意(こころ)は、どのように働くでしょうか。
暗闇の中で一点の光明を発見した時、心身の新生を覚えるに違いありません。お釈迦様は、明けの明星をみて悟りを開かれました。胎内巡りによって心身のルネサンスを体験しましょう、。


ということなんですが、階段を下りていくと漆黒の闇です!
また階段があるのかと思って、怖くてソロソロしか進めない。
結局、ずっと平坦だったんですが、怖かったですね~!

心身のルネサンスどころかただただ恐ろしくて、早く出口にたどり着きたい一心でした。
もう二度とごめんです。

夫は「ずっと平坦ですよ」くらい係員が教えてくれたらよかったのにと怒り心頭でした(笑)




写真は撮ってなかったんですが、”音羽の瀧”というのがあって「3筋に分かれて落ちる清水を柄杓に汲み、六根清浄、所願成就を祈願します。」というものですが、3つ全部飲んだら欲張りとみなされダメなんだそうです。

一筋のお水だけ飲んできました。


御朱印
DSC_0383.jpg


この後は三十三間堂に向かいました。







東寺からまたバスで京都駅まで戻りました。

京都タワーは駅からすぐで、駅前から見えるところにありました。
京都のシンボルというだけあって綺麗でした。

(写真をクリックすると大きくなります)
IMG_5684.jpg

IMG_5688.jpg

日中はこんな感じです。
P1050469.jpg


京都タワーオフィシャルサイトはこちら

地下3階には大浴場があり、ショッピング街やレストランもあります。

展望室は2か所あって、一番高いところは地上100メートルだそうです。
展望券は1階で買います。
大人一人800円でした。

明るいうちに上りたかったですね。
無料の望遠鏡がたくさん設置してあるのですが、
さすが夜はどこに何があるのか探すのが大変でよくわかりませんでした。

夜景はロマンチックではありましたが・・・

一番よく分かったのはこの日行った”東寺の五重塔”でした。
ライトアップされていたので綺麗に見えました。

京都タワーをあとにして京都駅ビルに向かいました。

京都駅ビル内がすごくいいらしいと聞いていたんです。


駅前で噴水のショーをやっていました。
IMG_5691.jpg


京都駅ビルは京都駅に直結し、ホテルや専門店、レストランをはじめ、
劇場などの文化施設までも内包する大型商業施設なんですって。

IMG_6273.jpg

建設設計者は原 広司さんという方で、
なんと札幌ドームを設計された方なんですね~!
びっくりしました。

駅のコンコースは巨大な空間が広がっています。
正面のガラスと大屋根で覆う吹き抜け構造になっていて、
とにかく下から上を見たら圧倒されますよ。

IMG_6274.jpg

建物は、東側にホテルグランヴィア京都が、西側にジェイアール京都伊勢丹などが入っています。
吹き抜けの最上部には地上45mの空中径路が通り、東西の棟を結んでいます。


京都駅ビルのHPはこちら

何といっても驚いたのは駅ビル内の大階段です。
多分、4階から11階まであると思います。

この大階段の「グラフィカルイルミネーションPlus」が素晴らしいんですよね。
これを観ただけでも京都駅ビルに来たかいがあると思いましたね。

DSC_0353.jpg

DSC_0356.jpg

大階段の手前には巨大なクリスマスツリーがあります。

これは大階段の上から撮ったものです。
DSC_0357.jpg

大階段の向かい側から見るとまたいいんですよ。
IMG_5703.jpg

IMG_5704.jpg

IMG_5705.jpg

IMG_5707.jpg

IMG_5708.jpg

大階段の両側には長~いエスカレーターがありますので、
大階段のイルミネーションをいろいろな角度で観ながら上がっていくことができます。


「グラフィカルイルミネーションPlus」のサイトです。

ご覧になってくださいね~!


このあと空中経路を歩いて”京都拉麺小路”に行って京都ラーメンを食べたんですが、
それは別記事で紹介しますね。



この日は15時半過ぎていたこともあって、
ホテルから近い「東寺」に行きました。

東寺は、1994年(平成6年)12月には「古都京都の文化財」の構成資産として世界遺産に登録されています。

東寺のHPはこちら

DSC_0381.jpg


京都駅八条口から徒歩15分くらいとのことだったので、
歩くつもりでしたが、目の前にバスターミナルがあったもので、
ついバスに乗ったんですが、これは間違いでした。

時間的に渋滞する時間帯だったようで、
ターミナルからなかなか出られなかったんですよね。

出てからもスムーズにはいかず、かなり遅れました。

拝観受付時間が16時30分・閉門が17時とのことなので、
「東寺に行かれる方は南門まで行くと間に合いそうもないので、
西門でおりてください」とバスの運転手さんから案内がありました。

17時の閉門ぎりぎりまでいましたが、慌ただしかったです。 


東寺とは、唯一残る平安京の遺構だそうです。
創建からおよそ、1200年。
平成6年、1994年に世界遺産として
登録されています。

ただ、五重塔にしても建造物は何度も焼失しており、
のちに再興されているんですね。

それでも相当古い建造物であることには変わりありません。

(写真をクリックすると大きくなります)

西門から入りました。
P1050471.jpg

内部は撮影禁止が多く、外観のみしか写せなかったのが残念です。


多分御影堂かな?(よく覚えていないという・・・)
P1050472.jpg

講堂
合計21体の仏像が安置されています。
仏像の配置は弘法大師の密教の理想を表す”立体曼荼羅"であるとされているそうです。
P1050473.jpg

金堂
正面から撮ったのが見当たらず^^;

金堂本尊の薬師如来坐像と日光、月光の両脇侍菩薩像が鎮座しています。
台座の周囲には十二神将像を配しています。
P1050477.jpg

国宝「五重塔」

高さは約55m!19階建てのビルに相当
国内で現存する古塔中最も高い木造建築とのこと。
P1050474.jpg

多分「慶賀門(重要文化財)」
P1050478.jpg

門がいくつもあって、”南大門”が一番有名らしいですが、
なぜか写真が見当たらず・・・


残念だったのは、時間が無くなって、
万病平癒のご利益がある『尊勝陀羅尼の碑』と矢降石に、
触ってこられなかったこと!

どこにあったかもよくわかりませんでした^^;


帰りのバスの中から見えたんですが、
ライトアップした五重塔がものすごくきれいでした。

拝観料は基本無料ですが、
有料施設があり、五重塔、金堂・講堂は大人一人800円です。


御朱印(300円)
DSC_0382.jpg



この後行った「京都タワー」と「京都駅ビル」は、
次回に載せますね。





15日から19日まで夫とともに4泊5日で京都へ行ってきました。

15日は、新千歳発JAL10時40分の飛行機に乗りました。
関西空港到着後、特急はるか号で京都まで。

京都駅前の「京都新阪急ホテル」に15時くらいにチェックインしました。

駅前で地下鉄・バスターミナルも目の前という行動するのにとても便利なところでした。

部屋はコンパクトサイズのツイン、写真を撮るのを忘れていましたので、ホテルのサイトからお借りします。

こんな感じのお部屋です。

https://www.hankyu-hotel.com/hotel/hh/kyotoshh/accommodation/compact-twin

5日間で寺院・神社など15か所+京都タワー、京都駅ビルを回りました。

娘たちが欲張りすぎと呆れていましたが・・

せっかく行くからにはあちこち観たいじゃないですか。

個人旅行はゆっくり見られていいなんて思っていましたが、
結局、ハードな旅になりました^^;

ただ、ツァーみたいに時間に追われてという感じがなかったのでそこは夫も満足していましたね。

寺院にしても神社にしても境内が広いので歩く歩く!

歩数計を見ると
15日 12805歩
16日 19048歩
17日 20638歩
18日 20751歩
19日 12746歩

まぁ、よく歩きました。


次回からぼちぼちと回ったところを載せていきたいと思いますので、
良かったらお付き合いくださいね。















2019.12.13

旅行

近日中に京都へ行ってきます。

今回は団体ツァーじゃなく、個人旅行です。

紅葉シーズンも終わりオフシーズンのためでしょうか、
阪急交通で飛行機+ホテルがとても安くなっていたんです。

4泊5日です。

阪急のホテルを使うので安くできるんでしょうね。

これは行かなくっちゃと思いました。

京都は見るべきところがたくさんあって何日あっても回り切れないくらいですよね。
まぁ、5日間あればそこそこ見たいところは回れるかなと・・。

いつも旅行会社の団体ツァーばかりなので、
個人旅行は不安ではありますが・・

夫婦して方向音痴なところがありますしね。

でも、ツァーだといつも時間に追われたり、
観たいところは時間がなくて興味のないところで長い時間がとってあったりと、
ミスマッチが結構多いんですよ~!

自分たちのペースで観たいところだけ回るにはやはり個人で行くしかないですよね。

それで、二人の行きたいところをピックアップして、
アクセスを一つ一つ調べて、方角別に整理して、
効率的に回れるように考えました。、

また、あとで見てくるのを忘れたということがないように、
見どころも調べてなんとか予定表ができました。

今年は体調がよくなかったのでどこにも行っていませんでしたので楽しみ~~!

まぁ、胸のつかえ感ですが、相変わらずでよくなってはいないんですが、
治るのを待っていたんではいつ行けるやらわからないので、
気にしないことにして行ってきたいと思います。

紅葉シーズンが終わってるのでそれほど混雑していないと思うんですが・・・
ゆったり観光できたらいいなと思います。









2018.12.27

香嵐渓

最終日は愛知県豊田市足助町の紅葉の名所”香嵐渓”でした。

紅葉もたぶん終盤だったと思いますが、
まだまだ、見ごろで素晴らしかったです。

充分に紅葉を堪能してきました。

香嵐渓(こうらんけい)は、愛知県豊田市足助町にある矢作川支流巴川がつくる渓谷で、
愛知高原国定公園の一角に当たります。

香嵐渓のHPはこちら

(写真をクリックして大きくしてご覧ください)
IMG_5399.jpg

IMG_5389.jpg

IMG_5388.jpg

IMG_5405.jpg

香嵐渓には”香積寺”というお寺がありました。
IMG_5404.jpg

P1050325.jpg

このお寺で最も古い木造の毘沙門天とのことです。
IMG_5409.jpg

香積寺から山門を望む
P1050324.jpg

IMG_5398.jpg

香積寺の御朱印
DSC_0170.jpg


香嵐渓広場では日光猿軍団のイベントが開かれていました。
IMG_5420.jpg

ここには五平餅や麺類・フランクフルトなど様々な食べ物屋さんがありました。


DSC_0151.jpg
 山菜うどんと五平餅を食べました。
 どちらもおいしかったです。 

 どんぶりが竹でできていたのが、
 良かったですね。



DSC_0155_20181226164930a23.jpg

ここには足助屋敷というのがあって、
そこも見てきました。

三州足助屋敷は、昭和55年に開館した施設で、生きた民俗資料館といわれています。
かつての豪農屋敷を再現し、長屋門、母屋、竹屋などは茅葺の木造建築です。
足助屋敷の中では、かつてこの地域で行われていた「炭焼き」「木地」「紙漉き」「機織り」など、暮らしに必要なものは手づくりしていた10種の"手仕事"が行われています。
手仕事の中には、体験できるものもあります。(足助観光協会サイトより)

IMG_5422.jpg

IMG_5423.jpg IMG_5429.jpg

IMG_5430.jpg IMG_5433.jpg

吊り橋「香嵐橋」もありました。
IMG_5434.jpg

IMG_5438.jpg

IMG_5441.jpg

IMG_5447.jpg

P1050341.jpg

これだけ紅葉を見たらもう大満足でした~!

二泊三日でしたが、盛りだくさんのコースで、
今回の旅行は心から行って良かった~と思いました。





二日目の天気予報は雨だったんですよね。

まぁ、せっかくの京都観光は雨か~と・・・
でも添乗員さんが自分は晴れ男なので大丈夫でしょうというんです。
私も、どちらかと言えば晴れ女のほうだと思っているので、
雨は降らないという気がしていました。

晴れまで行きませんでしたが、夕方までお天気は持ちましたので良かったです。


下賀茂神社の後は、銀閣寺の駐車場から哲学の道をお散歩するという行程でした。

哲学の道を通って南禅寺に行き、南禅寺の中門近くの駐車場に16時20分に集合することになっていました。

銀閣寺を見たい方は行ってくださいと・・・・

私は別に銀閣寺は興味なかったのです。
南禅寺をじっくり見たかったんですが、
夫が折角そばまで来たのだから銀閣寺も見るというんです。

それで行くという方たちに「ご一緒させてください」と声をかけて一緒に行きました。
銀閣寺だけ見てと思っていたのが、皆さん中の庭園を見ていくというので私たちもついていきました。

ずっと高台のほうに上がっていくんですね。
これが思いのほか時間を取られてしまいました。

景観がとても良かったので、文句も言えないのですが、
南禅寺での時間が削られる結果になってしまって残念なことでした。

(写真をクリックして大きくしてご覧ください)
銀閣寺
IMG_5312.jpg


正式名称は”東山慈照寺”というんですね。
HPはこちら
IMG_5314.jpg P1050282.jpg

IMG_5327.jpg

IMG_5328.jpg IMG_5320.jpg

紅葉が綺麗でした~!
P1050286.jpg

IMG_5329.jpg

こういう景色も大好き!落ち着く~!
P1050288.jpg

銀閣寺を後にして哲学の道を歩きました。
ここも紅葉が綺麗でキョロキョロ見ながら急ぎました。
IMG_5346.jpg

永観堂も紅葉の名所だそうですが、
急いでいたので残念ながら中には入りませんでした。
IMG_5347.jpg

IMG_5353.jpg


南禅寺まで遠かった~!
2.5キロだそうです。

1時間近く歩いたと思います。

南禅寺についたのは私たちグループが最後でした。
添乗員さんが待っていました。

すぐ門から入ると見事な紅葉です!

IMG_5348.jpg

IMG_5351_20181224133813d1f.jpg

IMG_5349.jpg

IMG_5352.jpg

三門
(石川五右衛門の名台詞「絶景かな、絶景かな…(歌舞伎『楼門五三桐』)」で有名)
IMG_5356.jpg

やはり階段が急でしたよ。
P1050300.jpg

IMG_5362.jpg

IMG_5363.jpg

法堂
IMG_5372.jpg

南禅寺の公式HPはこちら

ここで時間切れになりました。

水道橋(水路閣)・天授庵(塔頭)の庭園と額縁庭園も見られず、
法堂の中にも入れず・・・

またいつか来なくっちゃと思いました。



夜はオプションで祇園円山の”かがり火”で夕食を取りました。

IMG_5373.jpg

かがり火のHPはこちら

湯豆腐に湯葉が付くというセットメニューで2700円(3000円のがたぶん団体なので1割引きだったと思います)だったんですが、
湯葉のしょぼいのにがっかり!

DSC_0149(1).jpg

かがり火に行くころから雨が降ってきました。

祇園に行く時間があったんですが、雨も降ってるしあまり気乗りがしなくて、
八つ橋の老舗でお土産を買い、近くにあった八坂神社にお参りしたりして、
この日の観光は終わりました。

IMG_5378.jpg

この日戴いた御朱印

銀閣寺(東山慈照寺)
DSC_0168.jpg

南禅寺ではあわただしくしていたので、御朱印貰うの忘れました。、
残念!



最終日の3日目は、愛知県の”香嵐渓”です。

それは次回に



2日目は京都でした。

まず、嵯峨野・嵐山へ行きました。
自由時間150分

特に行きたいところがある人以外は、
天龍寺までは一緒に行きました。

天龍寺は京都屈指の観光地嵯峨嵐山に建つ臨済宗の禅刹です。

世界遺産 天龍寺のHPはこちら

こちらも紅葉の真っ盛り!
綺麗でした。
(写真をクリックすると大きくなります)
IMG_5211.jpg

IMG_5215.jpg IMG_5226.jpg

P1050256.jpg

大本山天龍寺 大方丈
IMG_5229.jpg

諸堂参拝料(庭園込みで)大人800円です。


曹源池庭園
約700年前の夢窓国師作庭当時の面影をとどめており、わが国最初の史跡・特別名勝指定。
IMG_5257.jpg

P1050260.jpg

この裏側の庭園の中を歩いてきた門まで行くと、
すぐそこが行きたかった「竹林の道」というので、
行ってみました。

ところが夫婦ともに方向音痴の私たち、ずっと歩き回ると元の場所に戻ってしまいました。
繰り返すこと3回!

2回目の時に係員の方に聞いたんですが「道なりに行くと着くんですけどね~」と首をかしげていました。

こういうところを歩きます。
IMG_5265.jpg

3回目にはさすがに恥ずかしくて聞けず、
適当にぐるぐる歩いていたらどうにかこうにか北門にたどり着きました。
この時間のロスは痛かった~!

常寂光寺・二尊院に行って観る予定が時間足りずおじゃんに!

竹林の道だけは観てきましたが・・
北海道じゃなかなか見られない景観なので、
すごく興味があるのです。
IMG_5270.jpg

P1050266.jpg

P1050268.jpg

急いで渡月橋まで戻りました。
IMG_5285.jpg

IMG_5287.jpg


昼食をとる時間もなくなり、とりあえずみたらし団子とゆばチーズとやらを買い、
バスの中で食べることに・・・

みたらし団子は美味しかったです。
DSC_0147.jpg
ゆばチーズ
チーズたっぷりって書いてあったのにチーズはどこに?という感じで残念でした~!
P1050272.jpg

この後は下賀茂神社へ

   下賀茂神社のHPはこちら

IMG_5292.jpg

IMG_5294.jpg

干支のお社
自分の干支のお社にお参りしてきました。
IMG_5299.jpg

国家「君が代」でうたわれている「さざれ石」です。
IMG_5304.jpg


天龍寺の御朱印
DSC_0169.jpg

下賀茂神社の御朱印
DSC_0167.jpg



このあと、銀閣寺~哲学の道~南禅寺へ行きました。

長くなりましたので、それは次回にいたしますね。



2018.12.18

なばなの里

なばなの里は、三重県桑名市長島町駒江にある植物園で、長島観光開発株式会社の運営するナガシマリゾートの一施設です。

ここのイルミネーションは、国内最大級とか・・・

3年連続「イルミネーションランキング」第1位、2年連続「プロフェッショナルパフォーマンス部門」第1位だそうです。

着いたのは16時台だったのでまだ明るく、まずは紅葉を楽しみました。
丁度見ごろできれいでした~!

(写真をクリックすると大きくなります)
IMG_5098.jpg

IMG_5099.jpg

IMG_5106.jpg


歩いていくと、"ベゴニアガーデン"という建物が目に入りました。

約9,000㎡の大温室で約5,000鉢の球根ベゴニアが咲き誇っているんですって!
入館料1,000円が必要です。

まず入った瞬間びっくりしますよ。

周囲をぐるっとベゴニアの鉢が囲んでいます。
P1050195.jpg
天井からはこんな風にベゴニアがつるされています。
P1050191.jpg
圧巻の光景でした~!
P1050196.jpg

ベゴニアってこんな大輪があるんですね~!
バラに似ていますね。
IMG_5127.jpg IMG_5125.jpg

IMG_5126.jpg IMG_5123.jpg

IMG_5155.jpg

11月上旬~12月下旬頃、期間限定のユリの展示があり、
それも見られました。
カサブランカの良い香りが充満していました。

IMG_5139.jpg

なかなか見ごたえがありました。

ベゴニアガーデンはこちらをご覧になってください!


"ベゴニアガーデン"を出たらもう暗くなっていました。

さぁ、イルミネーションを見ることにしました。

光の大河
IMG_5157.jpg

光の雲海
P1050243.jpg

IMG_5205.jpg

IMG_5198.jpg

ツインツリー
P1050245.jpg

光のトンネル”華回廊(200mあります)
P1050209.jpg

P1050213.jpg

光のトンネル”ラベンダー”(100m)
P1050231.jpg

P1050234.jpg

いよいよメイン会場です。
IMG_5186.jpg

いやぁ~、本当に素晴らしかったです!
まるでプロジェクションマッピングのようでしたが、
LED電球でやってるんですよね。

毎年テーマがあるそうで今年は”JAPAN ~日本の情景”でした。

世界に誇る美しすぎる日本の絶景美を、圧倒的クオリティの大パノラマで演出!!日本の美をめぐる驚きと
感動のイルミネーション。大自然の情景から歴史、文化、伝統まで大パノラマのストーリー展開!(なばなの里サイトより)


富士山をメインにしていましたね。

動画で取ったらよかったんですが、夫も私もずいぶん長いこと動画を撮っていなかったので、操作を忘れてしまって結局動画は撮れずでした^^;

IMG_5168.jpg

IMG_5171.jpg

IMG_5176.jpg

IMG_5178.jpg

静止画では伝わらないと思いますのでサイトのほうでご覧になってくださいね。
 ↓↓
イルミネーショントップ

いつまで見てても飽きませんでした。

名残惜しかったですが、紅葉ライトアップも見なきゃってことで・・・

鏡池の紅葉、綺麗でした~!
P1050236.jpg

P1050247.jpg

残念だったのは「アイランド富士」という展望台があるのですが、
理由は忘れましたがこの日は、利用できませんでした。


でもなばなの里、行って良かったです!!








11月27日~29日まで「香嵐渓となばなの里イルミネーション・紅葉の京都3日間」という団体ツァーに行ってきました。

今年は紅葉はほとんど観に行ってなかったので、
旅行で十分堪能できて良かったです。

27日は中部国際空港に降り立ち、「名古屋の金シャチ横丁」を自由散策、
なばなの里へ移動してここでは3時間自由行動でした。


「金シャチ横丁」はイマイチでしたね。
口コミでも期待できないなと思っていましたが、
やっぱりという感じでした。

10軒くらいしかお店がないんですよね。

一度行けば十分ですね。

義直ゾーンと宗春ゾーンと2か所あるのですが、
ちょっと離れているうえに、
添乗員さんのお話だと宗春ゾーンはマニアックな食べ物が多いそうで、
行くまでもないかもとのことだったので義直ゾーンだけにしました。

公式HPを見ると、イベントがあるときは良さそうですけどね。

(写真をクリックすると大きくなります)
P1050179.jpg

IMG_5092.jpg

ネットで検索したらここの豆腐田楽が美味しいらしいので食べてみました。
P1050183.jpg

豆腐田楽 3本500円
P1050184.jpg

ここに「矢場とん」というお店がありました。

次女が聞いた話では、名古屋では”矢場とん”のとんかつを食べるべきとか・・

添乗員さんが「なばなの里では平日なので大丈夫とは思うけど、
混んでいた場合には食事も大変かもなのでここでお弁当を買っていってもいいかも」
などというので、”矢場とん”のとんかつ弁当を買っていくことにしたんですよ。

これは失敗でしたね。
お弁当を買っていったのは私たちだけでしたし、
食べるところはたくさんあったんです。

高級なレストランからフードコートのようなところまで、
いくらでも食べることができたんです。

冷めたお弁当を食べるより、温かい食事をした方が良かったです^^;
味噌カツ、確かに美味しかったですが、
アツアツだったらさぞかし美味しかっただろうなと残念でした。


”なばなの里”これは良かったですよ~!
長くなるので次回に・・・

彦根城を後にして、名古屋に向かいました。

大須観音

真言宗。正式には北野山真福寺宝生院。大須観音と呼ばれ親しまれている。美濃の大須にあったものが慶長17年家康により当地に移された。本堂は戦災焼失したが、昭和45年に再建。大須文庫には、国宝の古事記写本を始め15000冊を所蔵している。

寺号は詳しくは「北野山真福寺宝生院(ほうしょういん)」と称し、宗教法人としての公称は「宝生院」だが、一般には大須観音の名で知られる。日本三大観音の1つとも言われる観音霊場である。

IMG_4913.jpg

IMG_4916.jpg


大須観音の御朱印
DSC_0016.jpg



続きはこちら >>

いよいよ旅行も最終日になりました。

朝食をホテルのバイキングで食べました。
IMG_20180516_071003.jpg

お粥がありましたが、それほど食欲もなかったので、
取ってきたのはこの程度の量でした。


朝9時にホテルを出発です。

この日の最初の観光は、3つ目のお城”彦根城”です。

姫路城などとともに天下の名城の一つに数えられる彦根城は、井伊直継(なおつぐ)・直孝(なおたか)によって約20年の歳月をかけて建設され、元和8年(1622)に完成しました。

姫路城、松本城、犬山城、松江城とともに国宝に指定されています。
天守をはじめ、重要文化財の各櫓、下屋敷の庭園である玄宮園、内堀・中堀などが当時の姿を留めています。全国的に見てもきわめて保存状態のよい城跡です。

入場口から天守まで約50mの高低差があります。
天守閣までは結構歩きますね。

(写真をクリックすると大きくなります)
IMG_4910.jpg


中堀です。
IMG_4852.jpg

屋形船に乗ることができるようです。
IMG_4854.jpg


廊下橋と天秤櫓
IMG_4860.jpg
下から見るとこんな感じです。
IMG_4908.jpg


IMG_4862.jpg

IMG_4863.jpg

本丸の石垣
IMG_4864.jpg

時を知らせた「時報鐘」
IMG_4866.jpg

太鼓門
IMG_4867.jpg

ここをくぐると間もなく・本丸天守閣です。
IMG_4868.jpg





続きはこちら >>

2つ目のお城”丸岡城”に行きました。

丸岡城は、現存天守閣では最古の建築様式を持つ平山城で
戦国時代の天正4年(1576)一向一揆の備えとして織田信長の命により柴田勝家が甥の勝豊に築かせました。

昭和9年には国宝の指定を受けたのですが、昭和23年の福井大震災により天守閣が倒壊してしまい、現在の丸岡城は、当時の建材等を使って昭和30年に再建されたものです。
そのため国宝ではなくなってしまったそうです。

当時の建材等を使って復元してるのですから、国宝でよさそうなものですけどね。

「文化財保護法」で、天守閣は国重要文化財の指定を受けているそうです。


外観は二階建てに見えますが、内部は三階建て(二層三階)となっていて、城内へは急な石段を登って入ります。

歴史民俗資料館の横の階段を上がっていきます。
(写真をクリックすると大きくなります)
IMG_4740.jpg

IMG_4765.jpg


続きはこちら >>

昨日は暑かったですよ~!

何と北海道が一番暑かったそうじゃないですか。
札幌の最高気温は30.7度でした。

帯広が34度で今年になって国内最高気温、北見も32.8度ですって!

札幌は今日も29度になるそうです。
まだ6月ですからね~!



さて旅行3日目

3日目の朝食はバイキングでした。

IMG_20180515_071030.jpg

お粥がなくて残念!



朝9時にはホテルを後にしました。

ホテルにほど近い”ひがし茶屋街”に行きました。

口コミでは観光客が多くてゆっくり散策できないと言ってる人が多かったのですが、
時間帯でしょうね。

時間が早かったため、観光客も少なくて
静かでよかったです。

ひがし茶屋街は、約200年ほど前、江戸時代に加賀藩が城下のお茶屋を集めて誕生した、藩公認の茶屋まちです。金沢市内には他に、にし茶屋街と主計待茶屋街がありますが、ひがし茶屋街は最も規模が大きく、平成13年に重要伝統的建造物群保存地区にも指定されています。


続きはこちら >>

白川郷を後にして、次は日本三大名園の一つ兼六園でした。

兼六園は、金沢城の外郭として城に属した庭だったそうです。 
江戸時代の代表的な林泉回遊式大名庭園の特徴をそのまま今に残しているそうです。

総面積約11.4hrという広さです。

(写真をクリックすると大きくなります)
IMG_4666.jpg

霞ケ池
IMG_4681.jpg

IMG_4663.jpg IMG_4698.jpg


続きはこちら >>

2日目の14日は、前日とは打って変わって朝から快晴でした。


朝食はバイキングでした。

IMG_20180514_070528(1).jpg

お粥が好きな私は、お粥があればお粥を食べることにしています。

牛乳とヨーグルトもいただきました。



ホテルを朝9時に出発しました。


最初に行ったのは飛騨高山の朝市です。

日本四大朝市の一つとも言われ、江戸時代から始まったと言われる歴史ある朝市です。


野菜・果物などのほか加工食品・民芸品・花など、
いろいろなものを売っていましたよ。
(写真をクリックすると大きくなります)
P1040935.jpg

宮川沿いにテントのお店がずらっと並んでいます。


この川が宮川です。
きれいな川です。
IMG_4551.jpg

飛騨牛串を食べました。
1本=450円でした。
P1040936.jpg
お肉が柔らかくて美味しかったです。





続きはこちら >>

13日、新千歳空港を出発、中部国際空港に着いたら、
かなりの雨でした。


それでもガイドさんによるとちょっと前まで土砂降りだったそうで、
少し良くなったんですよとのこと。

まぁ、予報で13日は雨とはわかっていましたが、残念でした。


着いたのがお昼ちょっと前でしたので、
観光バスにのって、すぐお弁当が配られました。

IMG_20180513_121203.jpg

味はごく普通でした。



最初の観光は国宝 犬山城です。

駐車場からお城まで坂道を少し歩くのですが、
雨がすごくて傘を差していても、太ももから下がびしょ濡れになりました。


犬山城は国宝に認定されているお城の中で一番古いお城とのことです。

室町時代の天文6年(1537)に建てられています。
織田信長の叔父にあたる織田信康が築いたと言われています。

IMG_4456.jpg


天守は、地上4階、地下2階(石垣内部)、高さ19mあります。

入り口でビニール袋を貰って靴をそれに入れて、
持って歩きます。


続きはこちら >>

2018.05.17

ただいま~

昨日の夜、無事に旅行から帰ってきました。

自宅に着いたのは午後10時半頃でした。

いやぁ~、疲れました。
クッタクタでした。

シャワーを浴びて、歯磨きをして、
倒れこむように寝ましたよ。

歩いた距離はこんな感じ

13日  9,598歩
14日 17,376歩
15日  8,200歩
16日 14,744歩

歩数だけで疲れたわけではありません。
お城めぐりが疲れましたね。

お城めぐり、憧れていたんですが、
国宝とか国宝級といわれるような昔ながらの建造物は、
今後は避けたいと思いました。

外から眺める分にはいいですけど・・。

行ったことのある方は、ご存知でしょうけど、
もちろんエレベーターとかあるわけもなく、
急こう配でしかも一段一段の高さがひどく高いんです。
そして踏板の奥行きが浅いんですよね。
梯子かと思うくらいですよね。

敵が襲ってきたときにすぐ上まで駆け上がれないようにと、
作られたとか・・・

ヨッコラショッって足をあげる感じで、手すりやらロープにつかまって上がり降りするので、怖いやら疲れるやらで・・・
無理ってやめた方もいました。

でも、せっかく来て天守閣へ登らないわけにいかないと思って、
頑張りました。

一番すごかったのは”丸岡城”次が”犬山城”ですね。
”彦根城”はそうでもなかったし、
名古屋城に至っては天守閣に上がれず…仮に上がってもエレベーターがあるそうですから楽だったでしょう。


昔の人はすごいですね。
あんな階段を毎日、何度も行ったり来たりしていたんでしょうから・・・


今朝もまだ疲れが取れず・・・

なので、旅行記は次回からになります。

今日も一日、ゆっくり休みたいと思います・・・










4日の最終日です。

この日の朝、ホテルの屋上に上がってみました。
良いお天気でした。


ここの天体望遠鏡で天体観測ができたんですね。
見たらよかったと思いましたが後の祭り!

(写真をクリックすると大きくなります)
IMG_4222.jpg

ふと見るとここでなんと富士山が見えたんですよ~!

ちょっとカスミがかかったように見えますが、
写真よりは肉眼のほうがもう少しはっきり見えましたよ。
IMG_4212.jpg

IMG_4214.jpg

これはこれできれいですよね~!
これでも、最終日に見られてよかったですよ。

やっぱり富士山はいいですね~!




ホテルを朝9時に出発しました。

目指すは、身延山です。





続きはこちら >>

前回の続きです。

大涌谷に行きました。

北海道にも同じように「登別の地獄谷」や「弟子屈町の硫黄山」があって、
似たような景観を何度も見てるせいかさほどの感動はなかったかな。

IMG_4181.jpg

IMG_4184.jpg

IMG_4188.jpg

IMG_4192.jpg

名物の黒たまごを食べました。
5個入り500円でした。

黒いのは外側だけです。
おいしかったですよ~。
IMG_20170914_083523.jpg
こちらはお土産に買った燻製黒たまご
IMG_20170915_084321.jpg


続きはこちら >>

残念なホテルを13日朝、8時10分に出発しました。

ここからほど近い、国立公園城ヶ崎海岸です。
この日は朝から晴れていて、城ヶ崎海岸に滞在した時間帯が一番良いお天気でした。

バスを降りてから海岸まで結構歩くというので、
炎天下の中歩くのは嫌だなと思っていたら、
樹林帯を歩いていくので、ずっと日陰でよかったです。

でも風が通らないので、日陰でもかなり暑かったですが・・・。

灯台がありました。
門脇灯台というそうです。
上まで上がれるんですが、朝9時からでこの時まだ9時になっていなくて、
上がれませんでした。
(写真をクリックすると大きくなります)
IMG_4133.jpg

門脇吊橋
IMG_4148.jpg

海の色がきれいでした~!
IMG_4130.jpg

最近は、城ヶ崎海岸の危険な場所で自撮りする人が多くて、
問題になってるとテレビで見ましたが・・。
IMG_4135.jpg

5月に行った熊野の鬼ヶ城と同じで、
ロケによく使われるところだそうです。
IMG_4134.jpg

IMG_4156.jpg

遠くに大島が見えました。
IMG_4151.jpg

海岸に入っていく手前でしたか、
こういう景色好きです^^
IMG_4129.jpg


国立公園城ヶ崎海岸を後にして十国峠に向かいました。


続きはこちら >>

2日目は、ホテルアンビエント伊豆高原というホテルに宿泊しました。

パンフレットでは、ずいぶん豪華なホテルに見えました。
確かにその片鱗はありましたが、かなり古びた印象ではありました。

別に清掃が行き届いていればそれでいいんですが、
どんなに良いところがあったにしても、
その日の夕食ですっかり印象が悪くなってしまいました。

夕食は和食と洋食が選べたのですが、
洋食が苦手な夫に合わせて和食を選びました。

あとで口コミを見ていたら、洋食がおいしいホテルだったようです。

私たち団体だけの部屋で食べたのですが、
不愉快な出来事があったのです。

どうも食事の時のスタッフは、ほとんどアジア系の外国人のようでした。

席に着いた時には、テーブルにはおかずなどは配膳されていましたが、
ご飯とお味噌汁がいつまでたっても、出てきません。

「ご飯とお味噌汁、お持ちいたします」とはっきり言ったんです。
ところがいつまでたっても出てきません。

時間がたつにつれ、皆さんヒソヒソ・・・
そのうち、ガヤガヤと騒ぎだして、催促する人も現れ・・

ところが、バックヤードを出たり入ったりウロウロするばかりで、
何の説明もなければ、相変わらず持ってこない・・・

何をやってるのかがわからないんですよね。
4,5人いましたから人が足りないとも思えない。

もし、ご飯が炊けていないとかだったらそう説明したらいいじゃないですか。
遅れていることに対して、何の説明もないんですよね。

先にお酒類を頼んだ人も、いつまでたっても出てこないと騒ぎだすし・・・

待てなくておかずに手を付ける人もいて、
皆さんイライラしっぱなしでした。

結局は添乗員さんに文句が集中して、添乗員さんが話をしに行って、
やっと、ご飯と汁物・お酒類が配られましたが、
それも見ているととにかく手際が悪いんですよね。

食事は美味しかったのかどうかも、
すっかり気分を害したせいか、よく覚えていない始末!

急遽集められたバイトなのかなと思ったりしましたが、
なんだったんでしょう?

主人は外国人のスタッフが悪いんじゃなくて、
きちんと教育していないホテル側が悪いんだろうと言ってましたが・・
とにかくお粗末でした。

夕食
IMG_20170912_190521.jpg

IMG_20170912_190824.jpg IMG_20170912_190831.jpg 
IMG_20170912_190837(1).jpg IMG_20170912_190844(1).jpg 
IMG_20170912_190856(1).jpg IMG_20170912_192245.jpg

デザートは写真を撮ってませんでした。
何が出たんだったか覚えていませんが・・。


翌朝はバイキングでした。
IMG_20170913_071355.jpg

お風呂ですが、渡り廊下を延々と歩きます。

温泉で露天風呂はそこそこ良かったのですが、
内風呂がどういうわけか女性用しかないんです。

男性は露天風呂しかありません。
冬はちょっとどうかなって思いますね。

別館には男性用の内風呂があるそうでして、
希望すれば送迎してくれるとのことでしたが、
主人は面倒だと言っていきませんでした。


そうそう、それと”わんわんパラダイス”といって、
ペットも一緒に泊まれるとのことでしたが、
別棟だと思ったんですが、違うんでしょうか?

夕方、どこかの部屋で犬がずっと吠え続けたんです。
たぶん、飼い主がお風呂でもいっていなかったんでしょうね。

30分くらい吠えっぱなしで、うんざりしました。
それっきりなかったですが、そんなこんなで、
二度と泊まりたくないホテルだと思いました^^;














間が空きましたが、旅行の続きです。


12日、2日目はホテルを7時50分に出発。
残念ながらこの日は雨が降ったりやんだりでした。

この日は大井川鉄道のアプト式電車「南アルプスあぷとライン」に乗りました。
アプト式鉄道とは歯車を使って急勾配を登り下りする鉄道のことで、日本一の急勾配を走る南アルプスあぷとラインは日本唯一のアプト式鉄道なのだそうです。

奥泉駅から接岨峡温泉駅まで赤いトロッコ列車に乗りました。

IMG_4060.jpg

IMG_4067.jpg


南アルプスあぷとラインの“アプトいちしろ駅”〜“長島ダム駅”間は、日本の鉄道路線で最も急な区間となっていて、この坂を登るため、列車にアプトいちしろ駅でアプト式機関車を連結します。
そこでは、列車から降りて連結作業を見ることができました。

私は、あまり関心がなかったのでチラッとしか見ませんでした。

景観はよかったですよ。

IMG_4072.jpg

IMG_4095.jpg
ここの水の色がミルキーグリーンとでもいうのでしょうか。
きれいな色でしたよ。
IMG_4073.jpg


長嶋ダムがありました。
この手前のつり橋は通ることができるそうです。
IMG_4088.jpg


途中日本唯一の湖上駅「奥大井湖上駅」を通ります。
停車時間が2分だったか3分だったかとにかく短いので、
降りて何かするということはなかったですし、
正直、降りるよりもそのまま通り過ぎて、
小高い所から見た景観がとても良かったです。

湖上駅には、見たかぎりではこの建物があるくらいのようでした。
IMG_4101.jpg

IMG_4105.jpg

IMG_4113.jpg

IMG_4106.jpg

接岨峡温泉駅でトロッコ列車から降りて、
昼食をとるために、”駿府匠宿”というところに行きました。


”駿府匠宿”のHPはこちら

静岡市の伝統工芸産業を維持し、かつ発展PRする目的で造られたのが「駿府匠宿」だそうで、体験工房とお食事処「たくみ亭」、軽食や甘味メニューを取り揃えた喫茶処「鞠子庵」があります。

お食事処「たくみ亭で昼食です。

「名物とろろ汁定食と静岡おでん・桜えび&シラス、安倍川もち付」

IMG_20170912_134946(1).jpg

IMG_20170912_135134(1).jpg
 麦ごはんにとろろをかけて食べました。
 おいしいですよね~!

IMG_20170912_135009(1).jpg
 静岡おでん、好みの味で
 とてもおいしかったです。



IMG_20170912_135025.jpg

昼食はどれもおいしくて満足しました^^

時間がないので体験工房などは見ませんでした。

庭園がきれいでしたよ。
P1040675.jpg P1040677.jpg

P1040684.jpg P1040680.jpg

このあと富士山がきれいに見えるという富士川サービスエリアに寄ったのですが、
全く見えませんでした。

この日はバスの車窓からほんの少し見えただけでしたね。
IMG_4118.jpg

前日も見れず2日目も見れず残念でした。




この後は伊豆高原の「ホテルアンビエント伊豆高原」に宿泊しました。


















おかげさまで夫の経過もよく、今のところですと、
予定通り、25日に退院できるかもという感じです。


さて旅行ですが初日、龍潭寺をあとにして、
向かったのは、浜松市北区細江町気賀にある天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線の駅「気賀駅」です。

こちらは、気賀町高架橋、気賀駅本屋、気賀駅上屋およびプラットホームの3施設が、国の登録有形文化財として登録されているそうです。

天浜線気賀駅はこちら

駅舎
P1040665.jpg

IMG_4022.jpg

ホーム
P1040659.jpg

駅正面
IMG_4027.jpg

ラッピング車
IMG_4039.jpg

IMG_4036.jpg


続きはこちら >>

昨日は、大雨の中主人が入院するため病院まで一緒についていきました。
10時前でしたがまだ、風がなかったので良かったです。

手術は今日、朝9時からでした。
思ってたより早く終わり、「手術が終わりました。医師からご家族にお話がありますので、いらしてください」と言われたのが10時でした。

その30分後には病室に戻ってきました。
何の問題もなく無事に終わってよかったです。




さて、11日、新千歳空港から富士山静岡空港まで直行便で行きました。
この日は、乗っていく予定の飛行機の到着が遅れているとのことで、
30分遅れでした。

この日は富士山静岡空港到着後すぐ、観光バスに乗ってそのまま観光です。
残念ながらこの日はほぼ一日曇っていました。

まずは島田市にある”蓬莱橋(ほうらいばし)”でした。

”蓬莱橋”は明治12年に大井川に架けられた木造の橋で、その長さは897.4メートルあります。
「厄なし(8974)の橋」や「長生き(長い木)の橋」とも呼ばれているそうです。

平成9年12月30日付けで「木造歩道橋として世界一の長さ」とギネスに認定されたそうです。
また、映画やテレビドラマなどの撮影にもたびたび利用され、
観光スポットになっているとのことです。

こちらは通行料金が大人100円・子供10円かかります。

(写真をクリックすると大きくなります)
IMG_3944.jpg IMG_3945.jpg

IMG_3941.jpg

大井川です。
IMG_3948.jpg

「橋を渡り切っても何があるってわけでもないので、
途中から戻ってきてもいいですよ」との添乗員さんの声で、
私は”ど真ん中”と書いたところから戻りました。
IMG_3959.jpg

主人は当然最後まで行きました。
こういうものがあったそうです。
IMG_3954.jpg IMG_3955.jpg
IMG_3957.jpg

渡り切った先から
IMG_3958.jpg

渡り切った先の道を登ったところから見た蓬莱橋だそうです。
IMG_3956.jpg


彼岸花…初めて実物を見ました。
北海道にはないはず・・・
なのでついパチリと
P1040647.jpg

写真ではたくさん見ていたので初めてという気がしませんでしたが・・
彼岸花は北限が秋田県らしいですね。



続きはこちら >>

Copyright ©COCOマミーのケ・セ・ラ・セ・ラ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.