FC2ブログ

健康オタクの2

油についてのコメントがあったのですが、
実は私も油には、気を使っていますね。

揚げたり炒めたりといった熱を加える場合は、米油を使っています。

米油の効能を調べてみました。

・米油含まれるトコロリエノール(通称スーパービタミンE)には、
メラニンがシミに変化するのを抑制する美白効能がある。
また、トコロリエノールにはビタミンEの約40倍の抗酸化力があるので、
美肌への高い効能が期待できる。
しわの予防や改善、毛穴の黒ずみや開きにも効果がある。

・善玉コレステロール(HDL)を増やし、悪玉コレステロール(LDL)を減らしてくれる
 また、酸化したコレステロールを元に戻してくれる効能もある。

・血管が硬くなるのを予防する働きがある。

・更年期障害の症状を改善する。

・米油は、他の植物油に比べて含まれる脂肪酸のバランスが良いため、胃もたれしにくい油である。

抗酸化成分が豊富に含まれる米油は、他の油に比べて酸化しにくいので、
揚げたり、炒めたりといった熱を加えても、大丈夫なのだそうです。


ドレッシングや生で使う油は、バージンオリーブオイル・エゴマ油・アマニ油・生なたね油のどれかを使っています。

これらの油はαリノレン酸(オメガ3)が含まれているということで、
今、注目されていますね。

α-リノレン酸は体内でエネルギーになりやすく、必要に応じ体の中で同じn-3系グループのEPA、DHAに作り変えられることが特長だそうです。

いずれも効能は同じようです。

美肌効果
血管を強く、しなやかに若返らせる効果
認知症予防効果(脳細胞の活性化)
うつ病改善効果

血中の悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす。
ガンの発生や増殖を抑制するなどの働きをすると考えられている。

またα-リノレン酸は脳梗塞、心筋梗塞、高脂血症、高血圧、ガンの予防・改善に効果が期待されている。
ガンについては特に乳がん、肺がん、大腸がんに有効とされている。

アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー疾患はリノール酸の過剰摂取が影響していることが多いが、
α-リノレン酸はリノール酸の作用を抑制するのでアレルギー症状を緩和させる働きがあると言われている。


ただ、身体によいからと言って摂りすぎてもだめだそうです。
いずれの油は一日大匙1杯程度がいいらしいです。

これらの油を上手に摂取して、健康な体を作りたいですね。










theme : ヘルス&ビューティ
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

ブログ内の検索にどうぞ

プロフィール

mamicoco

Author:mamicoco
専業主婦 
パソコンに夢中なおばさんです。
ニックネーム COCOマミー
星座  いて座
居住地  北海道 

クリック募金

クリックで救える命がある。

楽天





ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

モラタメ.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

Admax

PINGOO

Twitter

リンク集

その他リンク集

RSSフィード

フリーエリア