FC2ブログ

夫の手術無事に終わりました。

夫の手術、無事に終わりました。

結局、心臓の詰まった血管はそれほど重要な血管ではないのでそのままでよいことになりました、。
重大なのは心臓と左腕の血管の接続部が詰まりかけて細くなってることでした。

それで左腕への血流が悪いため、左右の血圧に大きな差があったらしいです。
心臓にも負担がかかり”狭心症”のような症状が出ていたそうです。

夫は旭川にいたころから自覚していたそうで、旭川でも札幌に来てからも通院している病院にも症状を訴えていたようですが、なんら対策が取られることがなく不満を抱いていたそうです。

特に旭川では血管が細くなってることをわかっていたうえで「こまったなぁ~、どうしよう」などと言っていたそうで、もし自分で手術できる自信がなかったのだったら手術できる病院を紹介してくれたらよかったんですよね。

良い病院だと思っていたのに、大動脈瘤のときも見落とされていたし、がっかりしました。


今回はたまたま、以前どこかで貰った「あなたの街のお医者さんガイド ホームドクター保存版」というのを見ていて、20年前に手術してもらった医師が院長をしている病院が紹介されているのを見つけて、そこに相談しようと思ったそうです。心臓の手術では実績のある有名な医師でしたし、信頼できる方とわかっていましたから・・。


この決断が良かったんですよね。
このまま放っておいたら近々、血管が詰まって大変な事態になっていたかもです。

また、すぐ診ていただけたのもラッキーでした。

今回、どのような手術をするか検討した結果、右腕のほうの血管が太く丈夫なため、左右の血管を人工血管でつなぎ(バイパス)右腕から左腕に血液を流し血流を良くする手術「腋窩動脈バイパス手術」をすることになりました。
これによって心臓へ戻っていく血流もよくなるとのこと。

安全な手術で危険度は1%もないと、はっきり言われたので安心しました。

今日、午前9時30分から手術が始まり、当初は3時間はかからないと思いますとのことでしたが、控室で待っていたら1時間20分後にはドクターがいらして「手術無事に終わりました」というのであまりにも早いのでびっくりしました。

それから1時間後にICUで面会しましたが、
麻酔もほぼ解けていて元気に話すことができました。

20年前の手術は胸を開けた上に心臓を止めての手術でしたので、
回復にも日数がかかりましたし、本人もかなりつらかったと思いますが、
それから比べると胸を開けずに左右の肩甲骨あたりを2か所切開して、
人工血管を入れましたので傷も小さく、痛みもなくとても楽そうでした。

ただ、人工血管は胸骨の上を通るので肩甲骨のちょっとしたあたりがポコッと盛り上がるそうです。
見てみましたが、確かに盛り上がってましたが衣服を着たらそれほど目立たないかなって感じでした。

ICUも一晩くらいで病室に戻れるかもしれません。

皆様にはご心配いただきありがとうございました。
おかげさまで無事に手術も終わりホッとしております。


娘たちとすっかり安心した気持ちで帰ってきました。








theme : 家族の健康や病気、またそれにつながる話
genre : 結婚・家庭生活

検索フォーム

ブログ内の検索にどうぞ

プロフィール

mamicoco

Author:mamicoco
専業主婦 
パソコンに夢中なおばさんです。
ニックネーム COCOマミー
星座  いて座
居住地  北海道 

クリック募金

クリックで救える命がある。

楽天





ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

モラタメ.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

Admax

PINGOO

Twitter

リンク集

その他リンク集

RSSフィード

フリーエリア