FC2ブログ

COCOマミーのケ・セ・ラ・セ・ラ

数あるブログの中から私の拙いブログを訪れて頂いて、有難うございます。このブログは主婦としての日常・北海道札幌市周辺地域情報・大好きな国内旅行等ジャンルを問わず綴っています。 宜しくお願いいたします。

検索フォーム

ブログ内の検索にどうぞ

プロフィール

mamicoco

Author:mamicoco
専業主婦 
パソコンに夢中なおばさんです。
ニックネーム COCOマミー
星座  いて座
居住地  北海道 

クリック募金

クリックで救える命がある。

楽天





ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

モラタメ.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2019.12.30

京都ラーメン

京都駅ビルにある空中径路を歩いて渡ると、
JR京都伊勢丹に着く前のところに”京都拉麺小路”があります。

空中経路
DSC_0367.jpg

”京都拉麺小路”には北は札幌から南は博多まで、
全国のラーメン店が出店しているようです。

札幌は「綱取物語」というお店ですね。
私は食べたことがないですが・・。

前もって調べていたので、美味しいと評判の「ますたに」というお店のラーメンを食べることにしていました。
京都のラーメンを食べたかったんですよね。

それがめっちゃ混んでいてお店の前は行列ができていました。
一番人が多いお店でした。

どうしようかと思ったんですが、
せっかくここまで来たんだしということで並びました。

かなり待ちましたね~!
1時間は並んだんじゃないかしら。
気が短い夫がよく我慢できたものです(笑)

ここは食券を買ってから並ぶシステムです。
DSC_0362.jpg

お店は北白川に本店があるそうで創業は昭和23年という老舗で京都では有名なお店らしいです。

こちらのHPはないようなので、
本店のHPはこちら

店内はカウンター8席とテーブル8席でした。

拉麺は醤油味にたっぷりの背脂が乗ったタイプでした。
これが伝統的な京都のラーメンとのことです。

背脂というのでこってりかなと思いましたが、
コクはあるけど案外あっさりした感じで美味しかったです。

トッピングはチャーシュー、メンマ、九条ねぎとシンプルなのは私たちの好みでした。

夫も気に入ったそうです。
DSC_0363.jpg

ただ、こんなに並んでまで再度食べたいかなとは思わないかな。


さて、今年も明日一日となりました。
ブログは、年内は今日が最後となります。

京都旅行は、年をまたいでからもまだまだ掲載いたしますので、
よろしくお願いいたします。

今年も皆様には、一年間お付き合いくださってお世話になり、
本当にありがとうございましたm(__)m

来年も、またよろしくお願い申し上げます。

来年も皆様にとりまして良い年となりますように心からお祈り申し上げます。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。





東寺からまたバスで京都駅まで戻りました。

京都タワーは駅からすぐで、駅前から見えるところにありました。
京都のシンボルというだけあって綺麗でした。

(写真をクリックすると大きくなります)
IMG_5684.jpg

IMG_5688.jpg

日中はこんな感じです。
P1050469.jpg


京都タワーオフィシャルサイトはこちら

地下3階には大浴場があり、ショッピング街やレストランもあります。

展望室は2か所あって、一番高いところは地上100メートルだそうです。
展望券は1階で買います。
大人一人800円でした。

明るいうちに上りたかったですね。
無料の望遠鏡がたくさん設置してあるのですが、
さすが夜はどこに何があるのか探すのが大変でよくわかりませんでした。

夜景はロマンチックではありましたが・・・

一番よく分かったのはこの日行った”東寺の五重塔”でした。
ライトアップされていたので綺麗に見えました。

京都タワーをあとにして京都駅ビルに向かいました。

京都駅ビル内がすごくいいらしいと聞いていたんです。


駅前で噴水のショーをやっていました。
IMG_5691.jpg


京都駅ビルは京都駅に直結し、ホテルや専門店、レストランをはじめ、
劇場などの文化施設までも内包する大型商業施設なんですって。

IMG_6273.jpg

建設設計者は原 広司さんという方で、
なんと札幌ドームを設計された方なんですね~!
びっくりしました。

駅のコンコースは巨大な空間が広がっています。
正面のガラスと大屋根で覆う吹き抜け構造になっていて、
とにかく下から上を見たら圧倒されますよ。

IMG_6274.jpg

建物は、東側にホテルグランヴィア京都が、西側にジェイアール京都伊勢丹などが入っています。
吹き抜けの最上部には地上45mの空中径路が通り、東西の棟を結んでいます。


京都駅ビルのHPはこちら

何といっても驚いたのは駅ビル内の大階段です。
多分、4階から11階まであると思います。

この大階段の「グラフィカルイルミネーションPlus」が素晴らしいんですよね。
これを観ただけでも京都駅ビルに来たかいがあると思いましたね。

DSC_0353.jpg

DSC_0356.jpg

大階段の手前には巨大なクリスマスツリーがあります。

これは大階段の上から撮ったものです。
DSC_0357.jpg

大階段の向かい側から見るとまたいいんですよ。
IMG_5703.jpg

IMG_5704.jpg

IMG_5705.jpg

IMG_5707.jpg

IMG_5708.jpg

大階段の両側には長~いエスカレーターがありますので、
大階段のイルミネーションをいろいろな角度で観ながら上がっていくことができます。


「グラフィカルイルミネーションPlus」のサイトです。

ご覧になってくださいね~!


このあと空中経路を歩いて”京都拉麺小路”に行って京都ラーメンを食べたんですが、
それは別記事で紹介しますね。



この日は15時半過ぎていたこともあって、
ホテルから近い「東寺」に行きました。

東寺のHPはこちら

DSC_0381.jpg


京都駅八条口から徒歩15分くらいとのことだったので、
歩くつもりでしたが、目の前にバスターミナルがあったもので、
ついバスに乗ったんですが、これは間違いでした。

時間的に渋滞する時間帯だったようで、
ターミナルからなかなか出られなかったんですよね。

出てからもスムーズにはいかず、かなり遅れました。

拝観受付時間が16時30分・閉門が17時とのことなので、
「東寺に行かれる方は南門まで行くと間に合いそうもないので、
西門でおりてください」とバスの運転手さんから案内がありました。

17時の閉門ぎりぎりまでいましたが、慌ただしかったです。 


東寺とは、唯一残る平安京の遺構だそうです。
創建からおよそ、1200年。
平成6年、1994年に世界遺産として
登録されています。

ただ、五重塔にしても建造物は何度も焼失しており、
のちに再興されているんですね。

それでも相当古い建造物であることには変わりありません。

(写真をクリックすると大きくなります)

西門から入りました。
P1050471.jpg

内部は撮影禁止が多く、外観のみしか写せなかったのが残念です。


多分御影堂かな?(よく覚えていないという・・・)
P1050472.jpg

講堂
合計21体の仏像が安置されています。
仏像の配置は弘法大師の密教の理想を表す”立体曼荼羅"であるとされているそうです。
P1050473.jpg

金堂
正面から撮ったのが見当たらず^^;

金堂本尊の薬師如来坐像と日光、月光の両脇侍菩薩像が鎮座しています。
台座の周囲には十二神将像を配しています。
P1050477.jpg

国宝「五重塔」

高さは約55m!19階建てのビルに相当
国内で現存する古塔中最も高い木造建築とのこと。
P1050474.jpg

多分「慶賀門(重要文化財)」
P1050478.jpg

門がいくつもあって、”南大門”が一番有名らしいですが、
なぜか写真が見当たらず・・・


残念だったのは、時間が無くなって、
万病平癒のご利益がある『尊勝陀羅尼の碑』と矢降石に、
触ってこられなかったこと!

どこにあったかもよくわかりませんでした^^;


帰りのバスの中から見えたんですが、
ライトアップした五重塔がものすごくきれいでした。

拝観料は基本無料ですが、
有料施設があり、五重塔、金堂・講堂は大人一人800円です。


御朱印(300円)
DSC_0382.jpg



この後行った「京都タワー」と「京都駅ビル」は、
次回に載せますね。





15日から19日まで夫とともに4泊5日で京都へ行ってきました。

15日は、新千歳発JAL10時40分の飛行機に乗りました。
関西空港到着後、特急はるか号で京都まで。

京都駅前の「京都新阪急ホテル」に15時くらいにチェックインしました。

駅前で地下鉄・バスターミナルも目の前という行動するのにとても便利なところでした。

部屋はコンパクトサイズのツイン、写真を撮るのを忘れていましたので、ホテルのサイトからお借りします。

こんな感じのお部屋です。

https://www.hankyu-hotel.com/hotel/hh/kyotoshh/accommodation/compact-twin

5日間で寺院・神社など15か所+京都タワー、京都駅ビルを回りました。

娘たちが欲張りすぎと呆れていましたが・・

せっかく行くからにはあちこち観たいじゃないですか。

個人旅行はゆっくり見られていいなんて思っていましたが、
結局、ハードな旅になりました^^;

ただ、ツァーみたいに時間に追われてという感じがなかったのでそこは夫も満足していましたね。

寺院にしても神社にしても境内が広いので歩く歩く!

歩数計を見ると
15日 12805歩
16日 19048歩
17日 20638歩
18日 20751歩
19日 12746歩

まぁ、よく歩きました。


次回からぼちぼちと回ったところを載せていきたいと思いますので、
良かったらお付き合いくださいね。















2019.12.13

旅行

近日中に京都へ行ってきます。

今回は団体ツァーじゃなく、個人旅行です。

紅葉シーズンも終わりオフシーズンのためでしょうか、
阪急交通で飛行機+ホテルがとても安くなっていたんです。

4泊5日です。

阪急のホテルを使うので安くできるんでしょうね。

これは行かなくっちゃと思いました。

京都は見るべきところがたくさんあって何日あっても回り切れないくらいですよね。
まぁ、5日間あればそこそこ見たいところは回れるかなと・・。

いつも旅行会社の団体ツァーばかりなので、
個人旅行は不安ではありますが・・

夫婦して方向音痴なところがありますしね。

でも、ツァーだといつも時間に追われたり、
観たいところは時間がなくて興味のないところで長い時間がとってあったりと、
ミスマッチが結構多いんですよ~!

自分たちのペースで観たいところだけ回るにはやはり個人で行くしかないですよね。

それで、二人の行きたいところをピックアップして、
アクセスを一つ一つ調べて、方角別に整理して、
効率的に回れるように考えました。、

また、あとで見てくるのを忘れたということがないように、
見どころも調べてなんとか予定表ができました。

今年は体調がよくなかったのでどこにも行っていませんでしたので楽しみ~~!

まぁ、胸のつかえ感ですが、相変わらずでよくなってはいないんですが、
治るのを待っていたんではいつ行けるやらわからないので、
気にしないことにして行ってきたいと思います。

紅葉シーズンが終わってるのでそれほど混雑していないと思うんですが・・・
ゆったり観光できたらいいなと思います。









2019.12.06

膝年齢

膝の軟骨って再生するんでしょうか?

思えば、2014年に膝の痛みで整形外科に行って、
膝の軟骨がすり減ってるといわれたことがありました。

その時の記事

水を抜いたりヒアルロン酸の注射をしたり、
あとは電気をかけたりリハビリに通っていました。

1年くらい通院してました。
その後、札幌に転居したわけですが、
膝の痛みがそれ以後まったく出ていないんですよね。

札幌市に来てからは腰では整形外科にリハビリに行っていますが、
膝は見てもらったことがありません。

いまだにひざに痛みが出ないので自分でも不思議な気はしていました。
以前は膝の骨がカクカクという感じがあったのも、
いつの間にかなくなっていますし・・・

先日シェーグレンの定期検診に行ってきました。
いつも血液検査でリウマチ因子がプラスに出るんですよね。

それで手と膝のレントゲンを撮ってみましょうということになったんです。

医師はレントゲン写真を見ながら「手も膝も全く問題ないですね。膝なんて年齢より若い膝ですよ」って言うんですよ。

えっ!って思いましたが、確かにレントゲン写真を見ると、
2014年の時に膝の骨と骨の間がくっついていたのに、
離れていて軟骨があるように見えるんですよね。

え~~~っ!!
もしかして軟骨が再生した???

なぜ?どうして?
何がよかったのかしら?
頭の中は疑問だらけ!

友人からサプリ飲んでるんじゃないの?と言われましたが、
サプリはやずやの香醋と時々コラーゲンだけ。

たまに安いのを見つけると青汁とかプラセンタを買うこともありますが・・・

貧乏ゆすりも最初だけでさっぱりやってなかったんですよね。

水中運動は4月からなので、急にそうなったとも思えないですし・・・

あれこれ考えてみたら思い当たるのが、
旭川の整形外科医が教えてくれたお風呂の湯船の中でやりなさいと言われた足の体操!
これはこの5年間欠かさずやっています。

今は習慣になってるのでお風呂に入ったら自然にやってますね。
単に膝の曲げ伸ばしなんですが、
もしかしたら貧乏ゆすりのような効果があるのかもしれないです。

それしか考えようがないんです。
自分の中ではもうそれに違いないって思っています。

あの先生に感謝しなくっちゃ!

膝の悪い方または予防のために湯船の中での膝の曲げ伸ばしオススメです^^





Copyright ©COCOマミーのケ・セ・ラ・セ・ラ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.