FC2ブログ

京都旅行3日目(4) 南禅寺

竜安寺をあとにして、南禅寺に行ったんですが、
いったん京都駅まで戻って市バスの別の路線に乗り換えました。



南禅寺は2018年11月末に行ってるのですが、
(その時の記事はこちら
時間切れで三門と法堂の外観と綺麗な紅葉だけ見て、
水路閣など見れなかったところがあったので、
また今回寄ってみました。


南禅寺のHPはこちら


ここが一番雨がひどかったです。

(写真をクリックして大きくしてご覧ください)

IMG_6003.jpg

法堂
IMG_6032.jpg

法堂内部
IMG_6034.jpg

疏水(水路閣)

琵琶湖疏水の分線(蹴上以北)にある水路橋で1888年(明治21)完成。南禅寺境内を通過するため、周辺の景観に配慮して田辺朔郎が設計、デザインした。全長93.2メートル(幅4メートル、高9メートル)レンガ、花崗岩造り、アーチ型橋脚の風格ある構造物
P1050559.jpg

赤レンガと花崗岩でつくられていて、
今も現役で、水路閣の上には水(疎水)が流れているそうです。
IMG_6028.jpg

レトロでノスタルジックということで撮影の人気スポットなんですって!

でも、内側を撮影するにも中国人らしき人たちが傘や荷物をどんとおいて、
座り込んでいて、まったく動く様子がないので諦めました。

かろうじて端っこのほうで撮った写真がこれです。
IMG_6027.jpg


六道庭
IMG_6045.jpg

IMG_6053.jpg


拝観時間が午後4時30分ということで、
この辺で時間切れとなりました。

水路閣を観たことで十分満足しましたが、
御朱印をもらい損ねました^^;

theme : 京都旅行
genre : 旅行

今週は失敗続き!&串カツランチ

今週は私、何だかおかしいんですよね。

まず月曜日

この日は内科検診のために地下鉄に乗りました。
同時間帯に上りと下りの電車が来たんです。

エスカレーターを下りて右側の電車に乗るところを、
どういうわけか逆側に乗ってしまいました。

乗った時に朝にもかかわらずガラガラで「なんで今日はこんなに空いているのかしら?」と、変だなと思ったんですが、そのまま出発してしまいました。
すぐ、スマホを取り出してそっちに気を取られていたので次の駅でも全く気が付かずしばらくして着いたところで「終点です」の放送でびっくり!

火曜日

整形外科に行き、診察の後会計をして領収書と処方箋をもらいました。
ソファーに座って、領収書を二つ折りにしてバッグに入れました。

その日は混んでいて終わった時には13時近かったので、
薬局は明日にでも行こうと思って、寄りませんでした。

家に帰ってしばらくしてから整形外科から電話があって、
「処方箋がソファーの上にありましたよ」って・・・

バッグに入れるのを忘れたんですね。

さらに水曜日

この日は水中アクアの教室でした。

プールまでは徒歩15分ですが、朝から雪が結構降っていたので、
歩きたくなくて地下鉄で1駅なんですが、乗っていくことにしました。

家を出るときにマスクを忘れて取りに行き、
また、手袋が片方しかもっていないのに気が付き戻ると玄関に落ちていました。

これじゃ急がないと間に合わないと急いでいきました。
改札口まで来たときに電車が入ってくる音がして慌てて、
ポケットから地下鉄の乗車証を出したら、なんと内科の診察カードでした。

あ~、もう電車に間に合わないと思い、
次で行こうと乗車証を探したんですが、どこにもないんですよね。

考えたら月曜日に内科へ行ったときに、その時に持っていたバッグのポケットにいれたままでした。

普段、お財布の外側のポケットに入れてるので、
病院の診察カードをよく見もしないで乗車証だと思い込み、
ポケットに入れたんですね。

そして今日木曜日

10時に歯科検診の予約日でした。
コートやマフラー・帽子など用意して、
あとは身に着けて出かけるばかりにしていました。

帰りにスーパーによるつもりだったので、
チラシを見たりして買うもののメモをしたりして、
ふっと時計を見るとなんと9時57分でした。

もう、絶対に10時に間に合いません。
慌ててクリニックに電話をして、遅れる旨伝えたところ、
「大丈夫ですよ。これからいらしてください。慌てないで気を付けていらしてくださいね」って。

まぁ、小さな失敗ですがこう毎日続くと、
自分がどうしちゃったのかと心配になってきました。

注意力が散漫になってるのか、もしかしてボケてきた?

今に大きな失敗をしでかしそうでなんだか不安です^^;

大丈夫か、私?




京都旅行 前回の続きです。

竜安寺のあと京都駅まで戻りちょっと遅いランチにしました。

京都駅地下ポルタ内の、「串かふぇ 凡凡屋」というお店で、
串カツランチを食べました。

DSC_0371.jpg

串カツ&豚汁が美味しかったです。

「串かふぇ 凡凡屋」のHPはこちら


このあと南禅寺に向かいました。
南禅寺は2018年の11月に行ってるのですが、
時間がなくて見られなかったところがあったので、リベンジしました。


theme : ランチ
genre : グルメ

京都旅行3日目 世界文化遺産(3) 龍安寺

仁和寺前から市バス59番に乗り、
戻り道にある”龍安寺”に寄りました。

龍安寺は細川勝元が宝徳2年(1450年)に徳大寺家の別荘を譲り受けて建立したお寺で、1994年に世界文化遺産に指定されました。

龍安寺のHPはこちら

拝観料 大人500円

「方丈(本堂)」の前(南側)にあるこの庭が世界的に著名な「石庭」です。
P1050550.jpg

石庭は幅25m、奥行き10mの75坪ほどの敷地に白砂を敷き詰めたもので、その中に15個の石を五、二(七)、三、二(五)、三(三)に点在させたシンプルな庭園となっています。

しかし、時代も作者も作られた意図も定かではない謎の庭なのだそうです。

龍安寺最大の見どころはなんといっても日本を代表する枯山水の庭園とのことです。


思いがけなく龍安寺には紅葉がまだ残っていました。
P1050545.jpg

IMG_5951.jpg

IMG_5956.jpg

P1050547.jpg

どういうわけか、龍安寺に関しては夫のカメラにも私のカメラにも建物が一切写っていませんでした。
石庭と紅葉だけで、他に何を観たんだったか記憶もあいまいで・・・

紅葉が見られたのはよかったです。

帰ってきて1か月以上たっているので、
記憶もだんだん怪しくなってきましたね。
年のせいかしらね~!


御朱印
DSC_0402.jpg

theme : 京都旅行
genre : 旅行

京都旅行3日目(2) 世界遺産 仁和寺

また京都市バス59番に乗って仁和寺を目指しました。
途中に竜安寺があるのですが、先に仁和寺へ行きました。

そのころから残念ながら雨が降ってきました。


仁和寺は仁和4年(888)に創建された寺院なんですね。
五重塔や二王門などは江戸時代に建立された建造物だそうです。

仁和寺は、正式には「真言宗御室派総本山仁和寺」というそうです。

平成6年には世界遺産に登録されています。

仁和寺のHPはこちら



仁王門
京都3大門の一つとのことです。
P1050532.jpg

拝観受付から”御殿”に入っていきます。
御殿は拝観料大人500円が必要です。

仁和寺の御殿は、南庭、北庭、2つの庭に書院や宸殿(しんでん)といった建物を鑑賞できます。
IMG_5884.jpg

かつて宇多天皇が住んでいた御殿
IMG_5893.jpg

廊下も歴史を感じますね~!
IMG_5896.jpg

白書院
IMG_5886.jpg

こちらで竜王戦が行われたんですね~!
IMG_5902.jpg

欄間の細工とか襖絵が素晴らしかったです。
IMG_5903.jpg

渡り廊下
IMG_5917.jpg


勅使門
この門を通ることができるのは皇族の方のみだそうです。
IMG_5921.jpg


霊明殿
IMG_5904.jpg

国宝金堂
IMG_5943.jpg

五重塔
P1050541.jpg

仁和寺を守る社である「九所明神」
IMG_5928.jpg


仁和寺の境内はとにかく広いです。
仁王門から金堂まではかなり距離がありましたよ。

ここにいる間はかなりの雨が降り、ちょっと残念でした。


御殿と金堂手前の授与所の2か所で頂きました。
DSC_0400.jpg DSC_0401.jpg







theme : 京都旅行
genre : 旅行

京都旅行3日目(1) 世界遺産金閣寺

12月17日、京都旅行3日目は、
市バス59番の路線上にある「金閣寺」「仁和寺」「竜安寺」へ行くことにしました。

まずは地下鉄烏丸線で今出川駅まで行きます。
そこから市バス59番に乗り換えました。

この日は雨の予報で朝から曇っていました。
それでも金閣寺は何とか降らずに済みました。

金閣寺は正式名称は”鹿苑寺”というんですね。
舎利殿「金閣」が特に有名なため一般的に金閣寺と呼ばれているのだそうです。

平成6年(1994年)にユネスコの世界遺産(文化遺産)「古都京都の文化財」の構成資産に登録されています。

金閣寺のHPはこちら

元は鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘を室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け、山荘北山殿を造ったのが始まりとされています。金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世にあらわしたと言われ、有名な一休禅師の父である後小松天皇を招いたり、中国との貿易を盛んにして文化の発展に貢献した舞台で、この時代の文化を特に北山文化といいます。義満の死後、遺言によりお寺となり、夢窓国師を開山とし、義満の法号鹿苑院殿から二字をとって鹿苑寺と名づけられました。

(写真をクリックすると大きくなります)

総門
IMG_5832.jpg

鐘楼
IMG_5833.jpg

金閣寺が見えてきました。
P1050517.jpg

わぁ~、金色が綺麗ですね~!
IMG_5837.jpg

昭和に大改修を行っていますが、2003年(平成15年)にも屋根の全面葺き替えを行っているんですね。この時に屋根はチタンを使い過去の技術と現代の技術の融合を図ったそうです。そして、さらに光り輝くように、金箔の全面補修も合わせて行われており、20万枚の金箔が補修されたとのことです。
P1050524.jpg

むか~し、修学旅行でも行ってるのですが、
その時は全然光っていなかったという思い出があります。

それなので、今回は光り輝いて綺麗だったことに感動しました。

ここにも鳳凰がありました。
IMG_5853.jpg

IMG_5867.jpg

銀河泉
義満がお茶の水に使ったと伝えられている
P1050526_2020011617400323b.jpg

龍門滝
P1050527.jpg

夕佳亭
江戸時代、傾きかけた金閣を復興し、池泉庭を修復した鳳林承章(ホウリンジョウショウ)が、金森宗和(茶道家)に造らせた数寄屋造りの茶席
南天の床柱と萩の違い棚で有名な3帖の茶室
P1050531.jpg


御朱印
DSC_0399.jpg


金閣寺をあとにして仁和寺へ向かいました。




theme : 京都旅行
genre : 旅行

京都旅行2日目(4) 伏見稲荷大社

宇治駅よりまたJR奈良線に乗り、稲荷駅で下車して、
すぐ目の前の”伏見稲荷大社”へ行きました。

伏見稲荷大社のHPはこちら

お稲荷さんといえば全国に30,000社あるといわれてるそうで、
全国各地で老若男女を問わず親しまれていますね。
その総本宮が伏見稲荷大社なのだそうです。

IMG_5812.jpg

楼門
P1050508.jpg

本殿
P1050509.jpg

千本鳥居

これが見たかったんですよね~!
まぁ、見事でした~!

元来、稲荷の鳥居は社殿と同じく「稲荷塗」といわれ、朱をもって彩色するのが慣習となっているそうです。
P1050510.jpg

中を撮った写真がこれまたブレブレでしたので、
他のサイトからお借りしました。

千本鳥居
ここまで赤くはなかったですが・・


本来は稲荷山を登るべきなんでしょうけど、
朝一の清水寺の疲れがずっと尾を引いていて、
とても登る気になれなくて奥社奉拝所までしか行きませんでした。

奥社奉拝所まで連続で造営されている鳥居を「千本鳥居」というそうです。

稲荷山の山中には、おびただしいお塚が群在し、参道には数千もの朱の鳥居が建ち並んでいるそうです。

奥社奉拝所のすぐそばにに”おもかる石”がありました。

奉拝所の右側後に、一対の石灯篭があります。この灯篭の前で願い事の成就可否を念じて石灯篭の空輪(頭)を持ち上げ、そのときに感じる重さが、自分が予想していたよりも軽ければ願い事が叶い、重ければ叶い難いとする試し石です。

願い事を思い浮かべながら持ってみました。
思ったよりは軽く感じたので、願いが叶うかな?

IMG_5826.jpg

さすがお稲荷さんだけあって、いたるところに”キツネ像”がありました。
P1050512.jpg


実はこの後の予定としては「東福寺」に行く予定でしたが、
稲荷駅にやってきて東福寺の閉門時間を確認したら、
なんと拝観受付が15時30分閉門が16時ということで、
すでに16時は過ぎていました。

夜は祇園の予定でしたが、どっちにしてもこの日は疲れすぎてヘロヘロで、東福寺も祇園も行く体力は残っていませんでした。

京都駅JR京都伊勢丹で焼肉弁当を買って、
ホテルに戻って食べてお風呂に入って9時には寝ちゃいました。


御朱印
DSC_0386.jpg


theme : 京都旅行
genre : 旅行

京都旅行2日目(3) 世界遺産 平等院

2日目の午後はJR奈良線に乗り、
まずは”世界遺産 平等院”に行きました。

宇治駅で下車、徒歩で10分くらいです。


平等院は、10円玉に描かれているあれですね。

平成6年(1994年)に登録されたユネスコ世界遺産「古都京都の文化財」の構成物件の一つでもあります。


世界遺産 平等院のHPはこちら

拝観料は鳳凰堂内部拝観が一人300円
平等院ミュージアム鳳翔館が600円です。

(写真をクリックすると大きくなります)
IMG_5779.jpg

藤原頼道が1052年(永承7年)に開創した宇治平等院は、藤原全盛期の象徴ともいえる寺院です。
平成の大修理が2012年から2014年に行われ、創建当時の煌びやかさが蘇っています。


鳳凰堂入り口
ここから入りました。
IMG_5783.jpg

鳳凰堂は中央の「中堂」、その両側に「北翼廊」「南翼廊」、中堂の後ろ側には「尾廊」が控えるという計4棟から構成されています。
IMG_5793.jpg

鳳凰堂の内部は修理中のところがありましたが、
かなりみられる状態にはなっていました。

サイトから写真をお借りしました。

「木造阿弥陀如来坐像」と、52躯の「木造雲中供養菩薩像(長押(なげし)上の小壁にあるものです)
阿弥陀如来坐像平等院木造
天蓋などの細かい造作が見事で素晴らしかったです。

国宝「阿弥陀如来坐像」のお顔が外から見えるようになっています。
IMG_5795.jpg

IMG_5796.jpg

紅葉や桜のシーズンはさぞきれいでしょうね。
P1050502.jpg

鳳凰堂の大屋根を見ると、左右にそれぞれ「鳳凰」が乗っています。
これは2代目で初代の国宝鳳凰は「平等院ミュージアム鳳翔館」に展示されています。
一万円札にはこの鳳凰が描かれています。
P1050506.jpg

日本三名鐘のひとつに数えられる梵鐘の二代目。
国宝に指定されたオリジナルは「平等院ミュージアム鳳翔館」に展示されています。
IMG_5802.jpg

この建物が何だったか不明?
IMG_5804.jpg

「平等院ミュージアム鳳翔館」も観てきました。
国宝や重要文化財が多数収められていて、見ごたえがありました。
中は撮影禁止でした。

ここはぜひ、お勧めです。
(写真は「旅ぐるたび」さんよりお借りしました。)
平等院ミュージアム鳳翔館

国宝梵鐘も国宝鳳凰、重要文化財である「十一面観音立像」や、宇治市指定文化財である「帝釈天像」「地蔵菩薩像」など見ることができました。

平等院は美しかったですよ~。


御朱印
DSC_0385.jpg



平等院をあとにして”伏見稲荷大社”に向かいました。




theme : 京都旅行
genre : 旅行

京都駅ビルでランチ

5日になりますが、北海道神宮に次女家族と初詣に行ってきました。

5日とはいえ、日曜日でしたので、
やはり人出はすごく多かったです。

今年最初のおみくじは私と次女の夫が大吉でした。

私のおみくじにはとても良いことが書かれていました。
「する事なすこと幸の種となって 心配事なくうれしい運ですからわき目ふらず一心に自分の仕事大事とはげみなさい」ですって! 

頑張ろう~~って気になりますね。



さてまた京都旅行に戻ります。


三十三間堂からバスで京都駅まで戻って、
ランチにしました。


うどんが食べたいと思って、駅地下の「ポルタ」内でうどんを食べました。

「めん、色いろ。いつでも、おやつ。」という変わった店名のお店に入りました。

きつねうどんを食べました。
748円でした。
DSC_0370.jpg

すごくシンプルですが美味しかったです。

京都のうどんが食べたいと思っていたんですが、これが京都の伝統的なうどんかどうか不明?

行き当たりばったりじゃなくきちんと調べたらよかったですが・・・。


この後午後からは”平等院”と”伏見稲荷大社”に行きました。





theme : うどん・そば
genre : グルメ

京都旅行2日目(2) 国宝 三十三間堂

清水寺をあとにして五条坂バス停より、
市バス206番で三十三間堂に向かいました。

三十三間堂のHPはこちら

拝観料 大人一人600円

三十三間堂の正式名称、蓮華王院の蓮華王は千手観音の別称です。
三十三間堂には千手観音像がたくさんあり、現在の数は1001体、すべてご本尊だそうです。

中央に巨大な千手観音の座像があり、その左右に500体ずつ観音像が並んでいます。

国宝に指定されている風神・雷神と二十八部衆が、
千体観音像の前に安置されています。

とにかく1001体もの観音像が並んでる様は圧巻でした。

三十三間堂は地上16m、奥行き22mですが南北に120mあるんですよね。
1001体もあるんですからそれくらいの長さが必要ですよね。
IMG_5760.jpg

P1050495.jpg

中は撮影禁止だったので残念でした。
(スマホで隠し撮りしている男性を見かけましたが・・)

先手観音像
(画像はどこだったかのサイトからお借りしました)


江戸時代の舞台、「通し矢(とおしや)
現在も「三十三間堂大的全国大会」に使われているそうです。
IMG_5769.jpg

こういうカラフルな建物もありました。
IMG_5762.jpg

鐘楼
IMG_5763.jpg



御朱印
DSC_0384.jpg


この後いったん京都駅に戻りました。



theme : 京都旅行
genre : 旅行

京都旅行2日目(1) 世界遺産 清水寺

改めて、皆様新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。


さて、また京都旅行記再開させていただきますね。


2日目はまず、清水寺へ行きました。

京都駅前から市バスに乗りました
バスターミナルは京都駅の烏丸口前にあります。
バス乗り場は「D2」か「D1」になります。

バスの運賃は全系統「230円」でした。
1日乗り放題券が600円ですので3回以上乗るのであれば1日乗り放題券を買ったほうがお得です。

私はバスの中で購入しました。

バスの所要時間は10分ほどでしょうか。
五条坂バス停でおりました。

所要時間は徒歩約13分、距離は約800mほどと、
ネットにありましたが、私はもっと時間がかかった気がします。

五条坂から清水寺までずっと坂道なんですよね。
ここが私は一番疲れました。
近道という案内板があったのでそちらを通ったんですが・・。

体力のなさ!!
情けない・・・

坂と階段が苦手なことをつくづく実感しました^^;

ヘロヘロになりながらやっと着きました。

(写真をクリックすると大きくなります)

清水寺のHPはこちら

清水寺は1994年にはユネスコ世界文化遺産「古都京都の文化財」のひとつとして登録されました。

清水寺の拝観料は400円でした。

仁王門
IMG_5718.jpg

西門
IMG_5721.jpg

三重塔
P1050487_20191225163208998.jpg

本堂(国宝)に入りましたが、
P1050489.jpg

IMG_5733.jpg

ご覧の通りあの有名な”清水の舞台”は、
修復中でこの通りでした。
IMG_5746.jpg

随求堂

P1050485.jpg

ここで”胎内巡り”というのを体験しました。

一人200円です。

本尊の大随求菩薩のお腹の中へ一度戻ってみませんか。目・耳・鼻・舌・体と意(こころ)は、どのように働くでしょうか。
暗闇の中で一点の光明を発見した時、心身の新生を覚えるに違いありません。お釈迦様は、明けの明星をみて悟りを開かれました。胎内巡りによって心身のルネサンスを体験しましょう、。


ということなんですが、階段を下りていくと漆黒の闇です!
また階段があるのかと思って、怖くてソロソロしか進めない。
結局、ずっと平坦だったんですが、怖かったですね~!

心身のルネサンスどころかただただ恐ろしくて、早く出口にたどり着きたい一心でした。
もう二度とごめんです。

夫は「ずっと平坦ですよ」くらい係員が教えてくれたらよかったのにと怒り心頭でした(笑)




写真は撮ってなかったんですが、”音羽の瀧”というのがあって「3筋に分かれて落ちる清水を柄杓に汲み、六根清浄、所願成就を祈願します。」というものですが、3つ全部飲んだら欲張りとみなされダメなんだそうです。

一筋のお水だけ飲んできました。


御朱印
DSC_0383.jpg


この後は三十三間堂に向かいました。







theme : 京都旅行
genre : 旅行

新年のご挨拶

etonengajouBD_0025-crop.png


  本年もよろしくお願い申し上げます。



theme : ごあいさつ。
genre : その他

検索フォーム

ブログ内の検索にどうぞ

プロフィール

mamicoco

Author:mamicoco
専業主婦 
パソコンに夢中なおばさんです。
ニックネーム COCOマミー
星座  いて座
居住地  北海道 

クリック募金

クリックで救える命がある。

楽天





ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

モラタメ.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

Admax

PINGOO

Twitter

リンク集

その他リンク集

RSSフィード

フリーエリア