FC2ブログ

旭川駅周辺開発&買物公園の現状に思うこと

旭川では、駅舎の建て替えをやってまして、
駅周辺開発がどんどん進んできてます。


その一環で、駅南側の忠別側河畔に
庭園を造る構想が浮上してきてるそうなんです。


テレビドラマで人気を集めた富良野市の庭園「風のガーデン」を、
監修した上野砂由紀さんも、協力する意向で、
市は前向きに検討するそうです。



市などは現在、総事業費1千億円を超える駅周辺開発事業
「北彩都あさひかわ」を進めている。

駅南側を流れる忠別川は1級河川で、
都市部の主要駅と隣接している例は珍しく、
市は河畔に緑道や公園を造る計画。

だが、市民らから「インパクトがない」「客を呼べる目玉を」
等の声があった。


「風のガーデン」は昨春オープンし、
1シーズンで21万人を集めた。

この人気を目の当たりにして、
旭川市議会でガーデン造成の声が上がった。

提言した鷲塚紀子市議は
「芝生と木では人は集まらない。上野さんという人材もおり、
女性客を呼び込めば経済効果は絶大」と話す。

(北海道新聞より)


上野さん自身も「力を貸したい」といってるそうですし、
地元経済界も「旭山動物園のお客を中心部に呼び込むのに最適」
「都市の河畔公園は全国に注目される』などと、
歓迎の声が多く旭川商工会議所が後押しを検討中とのことです。


これは、良いことだと思いますね~。

ぜひ、実現してほしいです。


それと、買物公園について、日頃思ってることなんですが、
買物公園はなぜ今のような形になってしまったのでしょう。


緑もすっかりなくなり、彫刻もなくなり、
ベンチも殆どみかけない、あれは公園じゃないです。

只の通路です。

私は、ずっと不満なんですよね。


札幌の大通公園ののようにはいかないとは思いますが、
もっとゆっくり休めるように整備してほしいんですよね。


買いものに疲れたときに、外の空気を吸いながら、
ベンチで休むとか、近くで働いてる人たちが、
お昼休みにデパ地下でお弁当を買って、
買物公園で座って食べるとか・・・・


緑やお花・ベンチが必要ですよ。


買物公園に、人が集える空間があれば、
人が中心部に滞在する時間が増えると思います。


滞在する時間が増えれば、ちょっとお店に入ってみようかとか
そういう気分にだってなるじゃないですか。


今の買物公園は、滞在する意味がないです。


駅前に、広場だか何だかできるようですし、
そこから「憩いの場 買物公園」へという動線を、
作ったらいいと思うんですけど。


私の考え、可笑しいでしょうか?


サブブログもよろしくね。
↓ ↓
Music of the Good old 80's

関連記事

theme : ひとりごと。
genre : 日記

comment

Secret

検索フォーム

ブログ内の検索にどうぞ

プロフィール

mamicoco

Author:mamicoco
専業主婦 
パソコンに夢中なおばさんです。
ニックネーム COCOマミー
星座  いて座
居住地  北海道 

クリック募金

クリックで救える命がある。

楽天





ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

モラタメ.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

Admax

PINGOO

Twitter

リンク集

その他リンク集

RSSフィード

フリーエリア