FC2ブログ

父の通院の付き添い

昨日は、父の病院の付き添いでした。

医師に、先日の入れ歯洗浄剤を、
口に入れてた話をしましたら、
幼児と同じで、なんでも口に入れてしまう人がいるんだそうです。

これから、ちょっと気をつけて見ていた方がいいですよとのこと。

そう言われても、四六時中見てはいられないですが、
気をつけなくては・・・


昨日は、父の顔見知りの人が、
3人ほどいたんですが、面白いもんですね。

父は、自分も歳を取ってるのに、
「同い年のはずなんだが、
○○さんは、えらい婆さんになったなぁ」なんて言うんですよ。

私から見たら、どちらも似たような歳に見えるのに・・(笑)


そのお婆さんと父の話を聴いていたんですが、
その方も認知症らしく、やはり家族が付き添ってきてたんですが、
その方とうちの父の話がどうもかみ合わないんですよね。


お互いに相手に訊かれたことに対して、
全然見当違いの答えだったりで、
聞いていて可笑しくて、笑いをこらえるのに苦労しましたよ。


時々、お互いに家族が間に入って間違いを修正したりして、
何とか話が通じましたけど。


ディサービスに行って、ちゃんと話が通じてるのか
ちょっと心配になってきましたね。







関連記事

theme : 今日のつぶやき
genre : 日記

comment

No title

こんばんわ。
失礼かもしれませんが、認知症の方って面白いですよね。
介護にあたるには それぐらいの冷静さや“ひいてみる ”客観性が必要です。
あまりのめり込んでしまう(まじめに対応する)と 病気ということを忘れて 介護者のストレスとなってしまいます。
今のペースで接することができれば 良いと思いますよ^^

No title

こんばんは。

やはり、お互いに少し認知症があると話が噛み合わなくなるんだ・・・

まだまだ、普通の時が多いし、ディサービスも大丈夫じゃないですか??

>幼児と同じで、なんでも口に入れてしまう人がいるんだそうです。
年を取っていくと幼児に返るって言いますから、ちょっと心配ですね。

No title

そうなんですよね~、
あくまでも客観的に見る姿勢で、
あまり間違い等を指摘しすぎずに、
や~んわりと接してあげるのって
時々堪える部分が多くなりますよね^^;

ディサービスはもっと上手の人が多いでしょうから
たぶん大丈夫だと思います(^_-)-☆
ただ、洗浄剤等を口に入れてしまう点が、
今後、ちょっと心配ですね。

No title

デイサービスのスタッフの人は 
たくさんの人を見てるから きっと会話が上手でしょうね。
お互い会話が チグハグになってても
楽しく会話が出来ればOKですよね。

No title

おはようございます!
いつもどうもありがとうございます♪

お父様の付き添いご苦労様でした。
そういうシーン自分も出くわしたのを思い出しました
亡き父が入院してる時、自分が癌なのに、
あの●号室に入院してる人癌だってよぉ~とか
元気出してねと励ましてたり(笑)
うちはインフォームドコンセントしなかったんで
そういう感じでしたが。
一時の笑の場になりました
そういえば、笑うと癌細胞が減ったり活動しなくったりすようですね、
お笑いの吉本では癌で死んだ芸人さんがほとんどいないそうで・・・

余談で失礼しました。
またよろしくお願いいたします♪

No title

話が食い違っていても"話をしている"と言うことが重要ですよね。
やはり、ひとり暮らしや施設に預けられていて個室に居ることが多い方など、話す機会が少ないと、それだけ痴呆が進むようですから、どんどん家族の方が話しかけるなどする事が必要だそうです。

話し相手になってあげてください。

ユージさんへ

え~、そうなんです。
面白いですよ~・・・というか、
初めての体験なので、
珍しいものを見るような好奇心があるのは確かです。

父には悪いかもしれませんが、
それが、ストレスを感じずに、
いられることに繋がってるかもしれません。

介護も、笑って楽しんじゃえって感じですね^^

milkywayさんへ

父の場合は、確かにまだ、
症状も良い方に入るんでしょうね。

ディサービスでは、やはり家にいる時と違って、
しっかりしてるらしいです。
不思議ですね。
よそだと緊張してしっかりするんでしょうかね。

万里ママさんへ

確かに、ディサービスの方たちは、
認知症の症状とか詳しいと思いますので、
私が心配するまでのこともないと思いますが・・。

口におかしなものを入れないか、
そこの心配が出てきましたね。
気を配らなきゃと思います。

みかちょんさんへ

ディサービスでの話を聞くと、
中でも父はしっかりしているほうらしいんですよ。

外では、気を使うんでしょうね。
それが、緊張感を伴ってしっかりさせるんでしょうか。

だから、家族だけと接しているよりも、
色々な人と接している方がいいんですって。
それが認知症の進行を遅らせるらしいです。

スーパーサイドバックさんへ

笑うことはいいんですってね。
免疫もつくそうですね。

父も、テレビを見て良く笑います。
只、歳ですから最近のお笑いは、
良く理解できないようで、
「最近のお笑いは一つも面白くない」なんて言います。

「笑点」は好きで、毎週観てますよ。
父の好みそうなお笑い番組を
なるべく見せたらいいかもしれませんね。

ichigekiさんへ

そうなんですよね~。
やはり、人と接してることが重要みたいですよ。

家族だと、話すこともいつも似たり寄ったりなので、
他人と話すことが刺激になっていいそうですよ。

只、そういう場所を嫌がる人もいて、
デイサービスを利用しない人も、結構いるらしいですね。

父は幸い、ディサービスも喜んで行ってるので、
その点、良かったですね。

No title

うちのおばあちゃんも同じような会話してた^^;
同じホームの人おばあちゃん3人で話してるんだけど・・・・

3人とも全然違うこと話してるのにみんなそれぞれ会話してて^^;
それはそれでいいのかな~~って思った(笑)

misyatoさんへ

会話としては成り立ってなくても、
それはそれでいいのかもですね。

人を相手に話してるということが、
脳を刺激してるかもしれないし・・。

そばで聴いてると???なんですけど(笑)
Secret

検索フォーム

ブログ内の検索にどうぞ

プロフィール

mamicoco

Author:mamicoco
専業主婦 
パソコンに夢中なおばさんです。
ニックネーム COCOマミー
星座  いて座
居住地  北海道 

クリック募金

クリックで救える命がある。

楽天





ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

モラタメ.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

Admax

PINGOO

Twitter

リンク集

その他リンク集

RSSフィード

フリーエリア