FC2ブログ

「白夜行」観てきました。

昨日は主人と映画を観てきました。

スーパーサイドバックさんが携わった「白夜行」です。

「白夜行」公式サイト

夫婦のどちらかが50歳以上だと夫婦割引というのがあって、
二人で2000円なんですよ。

レディスデーも一人1000円ですね。

映画は、久々でした。

いつも一番後部座席の中央に座ることにしているんですが、
示された席は後部から5列目の中央よりだったんですよね。

それでもっと後ろはないですかと聞くと、
一番後ろの端しかないって言うんですよ。

それなら5列目のほうがいいかなと思ってそこにしたんですが、
そんなに席がないほど混んでるのかと思ったら、
15分前だったんですが、全然座っていないんですよ~。

ぎりぎりにどっと入ってくるのかと思いきや、
パラパラと座った状態で、映画が始まりました。

結局、良い席がたくさん空いたままでした。

なんなのでしょうか。

やっぱり、前のほうの席は見づらかったです。

目が疲れました。

やっぱり、今度は絶対に後部にしなくっちゃ!

映画の前の予告編、結構あれも面白いですよね。
見たいなと思う映画が2本ほどありました。

さて、肝心の映画ですが、プロローグで、
なんだか暗くて重そうな映画なのかもと思って、
ちょっと憂鬱さを感じましたが、見始めると
グイグイ映画に引き込まれていきました。

サスペンスなんですが、この小説は読んだことがないんですよね。

原作読んでないほうが、
私の場合は良かった気がします。 

テレビでもドラマ化されてたんですね。
それも観てませんでした

余計な先入観を持たずにすんだので良かったかも・・


清楚で成績優秀な雪穂(堀北真紀)が実は冷徹な悪女だったのには、
意外性がありました。

雪穂と桐原亮司2人の内面の描写があまりなかったんですが、
他の方のレビューをみると原作がそうなんですってね。

原作は、あえて2人の内面の描写は描かずに上手く読者に委ねていってるそうです。

そうだとすると、映画も原作に忠実だったんじゃないでしょうか。

確かに二人がどんな思いだったのか色々と、
想像をめぐらしました。

事件の真相があきらかになっていくところで、
雪穂の子供のころの性的虐待などやりきれない思いがしました。

亮司の父を殺した犯人が、まさかの人物で、
確かに面白い映画でした。

帰ってきてからも、ずっと余韻が残っていて、
あのあと雪穂はどんな人生を歩むのだろうとか、
考えをめぐらしています。

多分、スーパーサイドバックさんが携わっていなければ、
観に行ってなかったかもしれません。

お陰さまで、面白い映画を観させて頂きました。





<br />「ココビタ」でこの記事をチェック!「ココビタ」でこの記事をチェック!






日比谷花壇 フラワーギフト 通販 母の日














関連記事

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

comment

No title

こんばんは!
いつもどうもありがとうございます♪

このたびは映画をご覧になっていただき携わった関係者として
厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

そして感想しっかり拝見させていただきました。
なるほどです、映画ですので感じ方も人それぞれですので
そう言う風に見ておられたんだなあとあらためて認識させていただきました。ちなみに
パンフレットはお求めになられましたでしょうか?一応パンフレットの写真すべて自分が撮影した物ですので、感想聞きたかったのですが、いちおう公式サイトでの画像も同じなので(笑)

さてこの小説、原作は800ページ以上あります。
時代設定も幼少から、大人になって40代まで・・・
その各世代ごとにいろいろあるわけですので、それを二時間ちょっとで表現するというのも酷なのかもしれません・・・
自分は撮影中も出来上がった映画みて疑問に思うことは多々ありましたが(笑)最終的には
撮影するのも、見るのも疲れるなあと(爆)

ほんとうにどうもありがとうございました。
またよろしくお願いいたします♪

No title

こんばんは。

映画なんて長く観てませんね~
うちの旦那、映画館で観るのが嫌いなのよね・・・

「白夜行」、私も小説もドラマも観てないです。

なかなか面白そうですね~
レンタルになったら借りて観ようかな??

No title

こんばんは^^
映画館の大きなスクリーンで見ると、
迫力があることでしょうね!
うちも夫もDVDの方が好きみたいで、
よく近くのレンタル屋で借りてきています。
レンタルになったら、是非借りてみたいです。

No title

〈夫婦のどちらかが50歳以上だと夫婦割引というのがあって〉

v-237

さもご主人だけが50歳を超えているような書き方ですねv-8

私はこの手の映画は苦手でして・・・

きっと観には行かないでしょうね(^^)

でもCOCOマミーさんが楽しく観られたのなら、それは良かったですね。

本当に仲の良いご夫婦なんだなと感じました。

スーパーサイドバック さんへ

パンフレット!!
ごめんなさい<m(__)m>

全然気がつきませんで、買ってこなかったです!
大失敗ですね。

映画は確かに???と疑問に思う部分は多々ありましたよ。
226
でも逆にそうやって、観てるものに思いを巡らせなさいということなのかなと・・・思ったり。

原作をじっくり読んでみたい気にはなりました。

milkywayさんへ

映画は、日本の映画だと主人は付き合ってくれるんですが、
洋画だと行きたがらないんですよね。

洋画も見たいのがあるんですけど、
一人ではなかなか行く気になりませんしね。

友人も映画好きな人がいないんですよね。

DVDで観るかテレビの放送を待つかですよね。

万里ママさんへ

映画館はいいですよ~。

迫力が全然違いますもの。

最近はどこのご家庭でもテレビは大画面になってるでしょうけど、
それにしてもサウンドといい映像といい、
流石に映画館は違います!

私は映画館が、好きですね。
出来ればもっと頻繁に行きたいところです。

ichigekiさんへ

>さもご主人だけが50歳を超えているような書き方ですね

あら、そうですか~?
そんなつもりはなくて、皆さんに教えてあげようと思っただけですよ~!

映画の好みはそれぞれですからね~。

ただ、私もブロ友の方がかかわった映画でなければ、
観に行かなかったと思います。

多分、テレビの放映を待ってたでしょうね。

>本当に仲の良いご夫婦なんだなと感じました。

それは仲が良い時は良いですが、
喧嘩もありますし、ごく普通の夫婦ですよ~。
Secret

検索フォーム

ブログ内の検索にどうぞ

プロフィール

mamicoco

Author:mamicoco
専業主婦 
パソコンに夢中なおばさんです。
ニックネーム COCOマミー
星座  いて座
居住地  北海道 

クリック募金

クリックで救える命がある。

楽天





ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

モラタメ.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

Admax

PINGOO

Twitter

リンク集

その他リンク集

RSSフィード

フリーエリア