FC2ブログ

東川町「不妊治療に全額助成」

上川管内東川町は、人工授精など健康保険が適用されない不妊治療の自己負担分を、町が全額助成する独自の制度を導入する。

当事者のプライバシーに配慮し、
旭川市内の町指定産科婦人科が患者に代わり、
治療にかかった費用を町に申請できる仕組みを整えた。

自己負担額の助成は全国的にも珍しい。

本年度当初の治療からさかのぼって適用し、
来月から代理申請も受け付ける。

町内在住の夫婦が対象で、年齢制限や所得制限は設けず、第2子まで適用する。

ただし野田聖子衆院議員の出産で注目された第三者からの卵子提供による体外受精や代理出産など、国内で是非が問われている治療法や、はり・きゅう医療は適用外。

不妊治療のうち、比較的簡単な方法を「一般不妊治療」といい、
多くは保険適用されるが、体内に人為的に精液を注入する人工授精は適用外。

一般不妊治療でも妊娠が望めないと、
体外受精などの「特定不妊治療」が行われるが、
保険適用外の上、費用も高額だ。

町は、一般不妊治療のうち保険適用されない人工授精などについては制限を設けず全額補助。
道の助成制度がある特定不妊治療については、
道の助成額(1回に付き上限15万円まで)を差し引いた自己負担分を初年度のみ3回、以後2回で通算10回まで助成する。

不妊治療患者らによるNPO法人「Fine」(東京)の松本亜樹子理事長は「所得制限も年齢制限も無く、プライバシーにも配慮する取り組みは全国的にも画期的」と話す。
                (北海道新聞記事より)



これはとても良い制度ですよね~!

少子化が叫ばれて久しいですが、
どうして国がこういう制度を設けないのでしょうか。

少子化が加速している中で、子供を産みたくても出来ない人たちがたくさんいるんですよね。
産みたい人に産んでもらえるように、
充実した制度を導入してほしいと思います。

これも少子化解消のひとつの方法でもあると思いますが・・。

国も、東川町を見習ってください。

関連記事

theme : 旭川/道北地域のネタ
genre : 地域情報

comment

No title

こんばんは。

とても良い取り組みだと思います。

私自身も不妊治療をしたこともありますし、
今、友達も治療中なんです。

是非、全国でこの制度を導入してほしいです。

milkywayさんへ

こういう制度は、国が率先してやるべきだと思うんですけどね。

とても良い取り組みですよね。

No title

我が家も妊娠に縁のない家庭で・・・
病院通いもしましたねぇ((+_+))
子供が欲しいのにできない・・・
キモチがよくわかります!

お孫さん、ゆっくり休んでまた元気に残りの夏休みを。・。・。・

    ★こうママ★

こうママさんへ

そうなんですか~!

出もこうママさんは、お二人も授かりましたから、
お幸せですよ~!

孫はすっかり元気になりました。
元気になるとどこかへ行きたいって騒いでいますよ^^
Secret

検索フォーム

ブログ内の検索にどうぞ

プロフィール

mamicoco

Author:mamicoco
専業主婦 
パソコンに夢中なおばさんです。
ニックネーム COCOマミー
星座  いて座
居住地  北海道 

クリック募金

クリックで救える命がある。

楽天





ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

モラタメ.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

Admax

PINGOO

Twitter

リンク集

その他リンク集

RSSフィード

フリーエリア