08
1
3
4
6
7
8
9
10
12
13
14
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

塩狩峠

先週の金曜日、「道の駅 絵本の里けんぶち」を後にして帰路に着きました。

途中、塩狩峠に寄りました。

塩狩峠(しおかりとうげ)とは、北海道比布町と和寒町の間にある峠である。国道40号、JR北海道宗谷本線、及び道央自動車道が通過している。国道40号の峠の標高は263m。北緯44度付近に位置する天塩国と石狩国の境界にあり、天塩川水系と石狩川水系の分水界上でもある。また、道央と道北の境界とされる場合もある。

ここに来たのは40年ぶりくらいです。

002_20111016110624.jpg

004_20111016110647.jpg

003_20111016110638.jpg
これは三浦綾子さんの小説「塩狩峠」で有名になった鉄道院(国鉄の前身)職員の長野政雄さんの顕彰碑ですね。

周囲を整備してるのか、何か作業をしていました。



1909年(明治42年)2月28日、ここ塩狩峠の区間に差し掛かった旅客列車の客車最後尾の連結器が外れて客車が暴走しかける事故がおこった。その車両に乗り合わせていた鉄道院(国鉄の前身)職員の長野政雄(ながの まさお)が、暴走する客車の前に身を挺して暴走を食い止めた。下敷きとなった長野は殉職したが、これにより乗客の命が救われた。現在、塩狩峠の頂上付近にある塩狩駅近くに顕彰碑が立てられている。


駅です。
013_20111016110707.jpg

011_20111016110811.jpg
駅の中を見ると閑散としていました。

時刻表を見ますと、
上り線・下り線が
1日に9本しか
止まらないんですね。


005_20111016110716.jpg
この表示板、左が「わっさむ」右が「らんる」となってますね。

凄く懐かしい思いがしました。

昔、子供の頃年に1度か2度旭川に家族で遊びに行ったんですが、
当時は各駅に停車する鈍行列車に乗って行きました。

この「らんる」という駅は、当時峠を登るためにここで機関車を
もう一台接続するために待ち時間が凄く長かったのを覚えています。
そうしないと峠を登れなかったんですね。

子供心に毎回、ここに着くとうんざりしましたね。


ここのすぐ近くに、小説「塩狩峠」が縁で塩狩峠記念館及び文学碑が建てられています。

「塩狩峠記念館」は、小説家・三浦綾子さんが多くの名作を生んだ旭川の旧宅を、小説の舞台である和寒町の塩狩峠に復元したものです。

今回初めて行ってみました。
010_20111016110751.jpg

007_20111016110729.jpg


008_20111016110740.jpg入館料は大人200円です。
あいにくと中は撮影禁止でした。

内部はこちらで見ることができます。

2階に執筆に使われた和室があるのですが、その写真がないですね。


中に足を踏み入れると、とにかく昭和の香りがプンプンして、
何とも懐かしい光景でしたね~!

家具・調度品がすべて昭和でした。

私は三浦綾子さんの小説は「氷点」と「塩狩峠」しか読んだことがないんです。
ですから特にファンというわけでもないので、
ファンの方には申し訳ないですが、
昭和の雰囲気を味わってきたという感じですね。

009_20111016110800.jpg


023_20111016110919.jpg
塩狩峠記念館もその周囲にも、
私たち以外に誰もいなくて、
本当に静かで時間がゆっくり流れる感じで、
なんともいえない穏やかなひと時を過ごした気がしました。

行って良かったです。

関連記事

theme : 旭川/道北地域のネタ
genre : 地域情報

Comment

No title

子供の頃は うんざりしてた駅でも
今となっては いい思い出の駅ですね(^^)
のどかな感じが伝わります♪

No title

こんばんは。

私は小説を読まないからよく知らないですが、
長閑で良いところですね~

昭和の風景がなんとも言えませんね。

No title

三浦綾子と言えば「氷点」しか知りませんが、それもタイトルだけ(^^;)
ドラマなどにもなっていたはずですが、何か暗い感じがあったので見ませんでしたね。
塩狩峠にも行ったことがありませんね。

みかちょんさんへ

「らんる」なんて久々に目にしたので、
懐かしかったですね~!

いや~、本当に静かでのどかなところでしたよ~!

milkyway さんへ

何か凄く懐かしい雰囲気がするところでしたね~!

もう、静かすぎるくらいでした。

ichigeki さんへ

「氷点」は賞をとった後に読みました。

ドラマもチラッと見た気がします。

確かに暗くて私はあまり好きになれなかったので、
その後三浦さんの作品は読んだことはなかったんですが、
昨年でしたか、たまたま「塩狩峠」を借りる機会があって読みました。

塩狩峠は「千本桜」で結構有名みたいですよ。

来年の春には行ってみたいと思いました。
Secret

検索フォーム

ブログ内の検索にどうぞ

プロフィール

mamicoco

Author:mamicoco
専業主婦 
パソコンに夢中なおばさんです。
ニックネーム COCOマミー
星座  いて座
居住地  北海道 

クリック募金

クリックで救える命がある。

JWordクリック募金

楽天





ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

モラタメ.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

blogram

ブログランキングならblogram

Admax

PINGOO

Twitter

Adgger

アフィリエイト

リンク集

その他リンク集

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

フリーエリア