2011年11月14日 (月) | 編集 |
最近エディタ友達になった大野明彦さんのブログで感動的なお話を、
伺いました。


実話との事で、TouTube版が載っていましたので、
私も転載させて頂きます。

まずはご覧になって見てください。


誰にも無限の可能性がある、ということを
伝えてくれる実話です。
感動ドラマがつまっています。

ドリームカンパニークラブ
http://jyounetsu.co.jp/dreamcompanyclub/


感動しますね。
泣けるお話です!


昔はこういう教師がたくさんいたような気がします。

実際に私は、小学校でも中学校でも、
こういう素晴らしい教師がいたことを知っています。

でも今は、こういう先生に出会えるのは希有なことという気がします。

こういう先生に出会えた人は、幸せですね。



大野明彦さんのブログは、
大変人気のあるブログらしいですよ。
確かに中身の濃いブログです。

↓↓関心のある方は訪問してみてくださいね。
北の皇帝 大野明彦伝説
ダメダメ人生を大逆転した北の皇帝が降臨



「ココビタ」でこの記事をチェック!「ココビタ」でこの記事をチェック!




関連記事
テーマ:みんなに知ってもらいたい
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
大変良いお話しで、涙腺が緩んでしまいました(^^;)

少年の痛みに気が付いて、きちんと接してあげることができた教師。
素晴らしいですね。

人間は何か一つのきっかけで、あらゆる可能性を見いだすことが出来る!

親としても身につまされる話です。
2011/11/14(Mon) 17:17 | URL  | ichigeki #-[ 編集]
人との出会いは どこにあるのか解りませんよね
オイラにもこういう先生がいました。

小学1.2年生の時の担任の先生です。
あの先生がいなければ オイラはきっと
物凄く暗い 殻に閉じこもった人間になっていたと思います。

つい、自分の事とオーバーラップしてしまい
涙してしまいました。
2011/11/14(Mon) 21:14 | URL  | ワカメパパ #-[ 編集]
こんばんは。

とってもいいお話ですね。
少年も先生もお互いが出会えたことで、
どちらも幸せだったんでしょうね。
素晴らしい先生ですね。

今は、悲しいことにこんな先生は少なくなったんでしょうね・・・
2011/11/14(Mon) 21:44 | URL  | milkyway #-[ 編集]
泣けました
子供たちと接する時間が減るから出世したくないという教師が増えているらしいです。
教師を目指す人は、心の中に子供と生きる自分を夢見ているんですよね。
昔のように子供と向かい合う時間があれば、理想の教師増えるのでしょう。

私は小学校を5回も転校し、最後の学校の運動会の日
午前中の競技が終わり、昼休みのチャイムが鳴ると
担任の先生からマイクで呼び出され、行くと、家族は来てるのか?弁当は持ってきたか?
おかあちゃんが来てますというと、おぅそうか!良かったな~呼び出してごめんな!もう行っていいぞ。
先生は私の事心配してくれたんだなぁと子供心にも嬉しく
2学期の勉強すごく励んだこと思い出しました。
2011/11/14(Mon) 21:53 | URL  | 花世 #dDm6s.8Q[ 編集]
とってもいい話ですね^^
今の多くの先生たち、大人たちに見てもらいたいです^^

親として大人としても考えさせられるものなのではないかと思いますね

誰もが無限の可能性を秘めているし、それを引き出してあげるのはいくつからでも挑戦を諦めない限りあたしはできると思ってます^^


2011/11/15(Tue) 09:45 | URL  | misyato #-[ 編集]
ichigekiさんへ
良いお話ですよね!

これが実話というんですから、
素晴らしい先生もいるということを知って、何かホッとしますね。

この先生の気づきのおかげで立派なお医者さんが生まれたんですね。
どんな子供でも持っている可能性を、
引き出せる大人でありたいものです。


2011/11/15(Tue) 10:22 | URL  | mamicoco #-[ 編集]
ワカメパパさんへ
ワカメパパさんもそういう先生に出会ってましたか。

私も私自身のことではないですが、
小学校・中学校でそういう先生を見ましたよ。

その先生のおかげですっかり性格が明るくなったり、
不良が改心して真面目になったりということを見ました。

今も、きっとそういう教師はいると信じたいですね。
2011/11/15(Tue) 10:26 | URL  | mamicoco #-[ 編集]
milkywayさんへ
良いお話ですよね~!

少年はこの先生に出会って、本当に幸せだったと思います。

先生も、少年が成長していく過程を知って、
教師としてしあわせでしょうね。

少なくてもこういう教師はまだいると信じたいですね。
2011/11/15(Tue) 10:29 | URL  | mamicoco #-[ 編集]
花世さんへ
> 子供たちと接する時間が減るから出世したくないという教師が増えているらしいです。

今の教師は事務的なこととか凄く仕事が多いとは聞きますね。
なんで昔とは変わってしまったんでしょうね。

文部省がもっと考えるべきでしょう。

> 先生は私の事心配してくれたんだなぁと子供心にも嬉しく
> 2学期の勉強すごく励んだこと思い出しました。

わかります。
自分のことを理解してくれて、気にしてくれてると思うと、
励みになりますよね。
2011/11/15(Tue) 10:34 | URL  | mamicoco #-[ 編集]
misyatoさんへ
今の教師・親たちに見て貰いたい動画ですね。

>誰もが無限の可能性を秘めているし、それを引き出してあげるのはいくつからでも挑戦を諦めない限りあたしはできると思ってます^^

そうですよね~!
特に無垢なままの子供たちの可能性って無限でしょう!
特に、子供たちに接する親や教師に、
考えて貰いたいですね。

祖父母もですね・・・私もしっかりしなくっちゃ!
2011/11/15(Tue) 10:38 | URL  | mamicoco #-[ 編集]
私にもこういう先生がいました。小学1年の時と、中学1年の時に出会ってます。
昔は、親身になってくれる先生が多かったですよね。
今は心の成長よりも学力の方にばかり目が向いてるように思います。

人間って、心が大事ですよね。^^
2011/11/15(Tue) 10:38 | URL  | haru #-[ 編集]
haruさんへ
> 昔は、親身になってくれる先生が多かったですよね。

私もそう思います。

> 今は心の成長よりも学力の方にばかり目が向いてるように思います。

文部科学省の政策、教師の育て方が間違っているんでしょうね。
ただ良い大学を出て頭が良いだけじゃなく、
人間性とか育てていかなければ、ダメなんでしょうね。

2011/11/15(Tue) 10:42 | URL  | mamicoco #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック