08
1
3
4
6
7
8
9
10
12
13
14
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

父が夜中に・・・・

実はこのところ、私は居間で寝ています。

というのも、父の見守りが必要になってきたので、
1階で寝ることにしたわけですが、
1階の間取りは居間を挟んで両側に洋間と和室があり、
洋間を父の部屋として使っています。

和室に寝るとちょっと離れていて、
多分、父が起きても私は気がつかないと思うんですよね。

居間ですと、トイレに行くのに、通って行くので気づきやすいと思って、居間のソファに寝ることにしたんですね。

私は小柄で横幅もないし(?)、ソファでも大丈夫です。
寝て見たら意外に寝やすくて、身体が痛いということもないです。

このところ落ち着いていた父ですが、
昨夜のこと、また異変がありました。

私は12時頃寝たんですが、
すぐ父が起きてきたので、見ているとキッチンに行ったんですね。

また、トイレがわからないのかと思って声をかけると、
「いやぁ、寝られないから片付けでもするかと思って」なんて言うんですよ。

でも、今はトイレ行きたいんじゃないのって訊くと、
「自分の家じゃないからトイレがわからん」ですって!

ここは自分の家でしょうと言いながらとりあえず、
トイレに連れて行きました。

でてきてから、私に「なんでこんなところに寝ているんだ?」「○○君は?(主人のこと)」と・・
「こうして夜中に起きてトイレが分からなかったりするから、ここで寝てるんでしょ」と言ったんですが、多分理解していないでしょうね。

自宅とわかったのかと思ったら、
「どこかで寝っ転がるかぁ」って・・・
「どこかってベッドで寝なさい」
「だってここは他所だから寝る場所が無いんだ」
「ここは他所じゃなくて自宅だから」

部屋まで連れて行くと枕元にあった腕時計を見て、
「誰の時計だ?」
「自分のでしょう」
「え~っ、俺のじゃないよ」
「良く見なさい。ここは自分の部屋なんだから他の人のものなんてないの」
「え~っ、俺のかなぁ~。違うと思うんだが、そっかぁ~。俺のか?」「仕方ないなぁ。布団にでも入ってるか」

「布団に横になって寝なさい」と、寝かせたもののすぐ起きてきそうで私はそれから眠れず・・

ウツウツとしていると、また起きてきたので時計を見ると午前2時過ぎでした。
その時はちゃんとトイレに行きました。

今度はまともだなと思って良く見ると、
いつの間にかズボンを履いているんですよね。

いつの間に、ズボンを履いたのか・・・
脱がせると、自分の脱いだパジャマを見て「誰のだ?」と言う始末。

父のパジャマだということを説明して着させて、またベッドへ・・・・

朝は起きるのが遅いのかなと思ったら、
6時50分頃カーテンを開ける音がしてそれで目が覚めました。


もしかしたら今までも夜中にこんなことがあったのかもしれないですね。
トイレを探してウロウロしたとか・・・

2階で寝ていたので気が付かなかっただけかもしれないと思います。

う~ん、夜になるとおかしくなるのは何ででしょうね。






関連記事

theme : 親の老後と介護
genre : 結婚・家庭生活

Comment

No title

COCOマミーさんのところのソファーはかなり大きいんですねv-23

自分の家が他所の家ですか・・・(^^;)
自分の身の回りの物も分からなくなってきているのは、本当に心配ですね。

しばらく監視が必要ですね。
何か良い薬は処方できないのでしょうかね?

No title

う~~ん。お父様心配ですね。
夜になると・・・
そういえば認知症の徘徊も夜間が多いですね。
眠れないのも一因なのでしょうか?
それとも夜間は刺激が少ないからでしょうか・・・

ソファで寝るのは熟睡出来ないのでは?
御身体、ご自愛下さいね。

No title

お父様もですが
COCOマミーさんのことも心配です。
寝不足が続くのは良いことではないですから~
週に1回だけでも泊りのデイケアに行くようになったら少し状態が良くなったという話しも聞きました。
これはお互いですが・・
刺激があるのがいいらしいですがご本人が行きたがらないならダメですかね。

No title

ウチの父ちゃんの進行と同じです
そのうち 夜中に突然起きて 「仕事に行かなきゃ!」
とか言い出しますよ、

これからもっとひどく なってきます。
この先 どんどんひどくなっていく介護で 介護者が倒れてしまわないように
今から施設に申し込みしていただきたいです

No title

こんばんは。

ソファーで寝るのは私も良くないと思います。
せめて、お布団は敷けないのでしょうか??
私もリビングで寝ていますが、
狭いながらもお布団を敷いて寝ています。

お父様、どんどんひどくなっていますね・・・
ご心配ですね~

あまり、ひどいようならケアマネなどに
ご相談された方がいいかも知れませんね。
ずっと、夜中見ている訳にも行かないですし、
マミーさんも寝不足で大変だと思います。

何かいい方法があればいいのですが・・・

No title

うーん・・・ 今まで COCOマミーさんが2階で寝てたとき
そういうことがあったのかどうか・・・・。
そう思うと 心配になって 居間で寝るってことになるだろうけど
COCOマミーさんも 寝れるときは しっかり寝てくださいね。

No title

随分と進行しちゃったんですね。
夜起き出すのには困りますね。
昔老人ホームで働いてた時に聞いた話ですけど、そういう人を眠らせようと睡眠薬を飲ませても効かないって言ってました。

cocoマミーさんが倒れてしまわないように、何か方法があると良いですね。

コメント戴いた皆様へ

皆様には、ご心配いただき有難うございます。

こちらに戴いたコメントへのお返事はブログの方でさせて頂きますので、
後ほどブログの方ご覧くださいね。

No title

こんにちは!
いつも、どうもありがとうございます♪

自分が福祉の資格者の勉強会で教えてもらったことです
俳諧には・・・

(1)認知症による要因
記憶障害等によって自分が今どこにいるのか、どんな状況にあるのかが分からなくなっています。
そのために判断を間違えて行動することが一因です。
また疲労や身体疾患などにより一時的に意識のレベルが低下すると、判断力が低下し、
現状を誤って認識して徘徊につながります。


(2)環境の要因
晴れや曇りといった天気の具合や昼か夜かという時間、室内の照明の程度が、
認知症の方の周囲の状況理解に影響を与えます。
また周りにいる人の数やどのような人がいるのか、その人たちの立ちい振る舞いが騒音となったり、
徘徊を誘発する刺激となったりします。
さらに、特定の環境からの刺激(たとえば、送迎バスが目に入る。子どもの話題が出るなど)が、
個人特有の刺激となり、徘徊を誘発しうることも考えられます。


(3)心理的要因
認知症による要因と環境的要因を土台に、その時点での高齢者の欲求が徘徊の引き金になるといえます。
それはその場にいることに対する落ち着きのなさであったり、不安であったり、
「何かをしなければいけない」とか、「あるところへいかなければいけない」という役割感であるかもしれません。

ということです
既知なら失礼いたしました

スーパーサイドバックさんへ

情報有難うございます。

参考にさせて頂きますね^^
Secret

検索フォーム

ブログ内の検索にどうぞ

プロフィール

mamicoco

Author:mamicoco
専業主婦 
パソコンに夢中なおばさんです。
ニックネーム COCOマミー
星座  いて座
居住地  北海道 

クリック募金

クリックで救える命がある。

JWordクリック募金

楽天





ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

モラタメ.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

blogram

ブログランキングならblogram

Admax

PINGOO

Twitter

Adgger

アフィリエイト

リンク集

その他リンク集

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

フリーエリア