08
1
3
4
6
7
8
9
10
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

アニメのDVD

普段アニメとかは全然見ないんですが、孫が来ると付き合って観ることになります。

今回、孫が持ってきたDVDを観たんですが、
これがなかなか面白かったんですね。

鹿児島の弟のお嫁さんが孫のために良くDVDを送ってくれるんです。
弟のところには孫がいないので、とても可愛がってもらっているんですよね。

そのDVDの中で気にいったのがあると飽きるまで繰り返し観るので、
周りの大人は飽き飽きしてしまうんですが・・・・

今のお気に入りが借りぐらしのアリエッティ [DVD]とディズニー映画の塔の上のラプンツェル [DVD]
です。

これがどちらも面白かったですね。


借りぐらしのアリエッティ

公式サイトはこちら

ストーリー(作品紹介サイトより)

とある郊外に荒れた庭のある広大な古い屋敷があった。

その床下で、もうすぐ14歳になる小人の少女・アリエッティは、
父ポッドと母ホミリーと3人でひっそりと静かに暮らしていた。

アリエッティの一家は、屋敷の床上に住むふたりの老婦人、
女主人の貞子とお手伝いのハルに気づかれないように、
少しずつ、石けんやクッキーやお砂糖、電気やガスなど、
自分たちの暮らしに必要なモノを、必要な分だけ借りて来て暮らしていた。

借りぐらしの小人たち。

そんなある夏の日、その屋敷に、
病気療養のために12歳の少年・翔がやって来た。


人間に見られてはいけない。見られたからには、引っ越さないといけない。
それが床下の小人たちの掟だったが、アリエッティは翔に姿を見られてしまう。

「おまえは、家族を危険にさらしているんだぞ」
アリエッティは、父に反発する。
「人間がみんなそんなに危険だとは思わないわ」

アリエッティは、生来の好奇心と向こう見ずな性格も手伝って、
次第に翔に近づいて行く。
アリエッティの家族に大きな事件が迫っていた。

ーーー人間と小人、どちらが滅びゆく種族なのか!?


宮崎駿さんの企画作品ですね。

ちょっと切ないストーリーでしたが、
なかなか良かったです。

これを観て、孫がすっかり小人に関心を持ってしまって、
本屋さんに行ったときに小人の図鑑とか小人に関する書籍があるんですね。

孫が欲しいらしいくてなかなか離れないんですよ。
値段を見たらそこにあったのは3000円近くてびっくり!

先程、Amazonで見たら1500円台ですね。
1冊買ってあげようかな・・。

こびと大百科―びっくり観察フィールドガイド

こびと観察入門〈1〉捕まえ方から飼い方まで



塔の上のラプンツェル
ストーリー (wikipediaより)

ある王国の森の奥深くにそびえる高い塔に、ラプンツェルという少女が暮らしていた。ラプンツェルは18年間、育ての親であるマザー・ゴーテルから、塔の外に出ることを禁じられていた。それでも彼女は、自分の誕生日が来ると遠くの空に現れる、無数の灯りを不思議に思い、外の世界への憧れを強くしていった。18歳の誕生日が迫り、ラプンツェルは今年こそあの灯りを見に行きたいとゴーテルに伝えるが、いつものように「外は危ないから」と説き伏せられてしまう。

その日の朝早くに城からティアラを盗み出した大泥棒フリン・ライダーは、衛兵に追われて森へと逃げ込んでいた。追っ手を振り切った先で塔を見つけたフリンは壁をよじ登って侵入するが、油断したところをラプンツェルに気絶させられてしまう。一人で侵入者を捕まえたことで自信をつけたラプンツェルは、ティアラを隠し、目を覚ましたフリンに条件を突きつける。自分を「灯り」が現れる場所まで案内し、それが済んだら塔まで送り届けること、そうすればティアラは返すと。得意の口説き顔も通じない相手に、フリンはしぶしぶ条件を受け入れる。

ゴーテルの言いつけに背いて塔の外に出たラプンツェルは、母への後ろめたさを感じながらも、初めて見る世界に胸を躍らせる。一方、森の中に衛兵の馬がいるのを見て塔に引き返してきたゴーテルは、ラプンツェルがいなくなったことを知り、部屋でフリンの手配書を見つける。事態を察した彼女は、ラプンツェルを捜し始めるのだった。


登場人物や動物が個性的で、特に白馬のマキシマスが面白かったですね。
映像がとても綺麗でした。

3Dだとさらにいいらしいです。
感動が増幅するそうです!

アニメもなかなかのものですね!


「ココビタ」でこの記事をチェック!「ココビタ」でこの記事をチェック!

関連記事

theme : アニメ
genre : 映画

Comment

アリエッティは 年末テレビでやっていたのを見ました。
たまに アニメを見るのもいいですよね。

アニメ全般大好きです(笑)
いくらCGが発達しても
アニメでしか描けないものってありますしね(笑)

みかちょんさんへ

> アリエッティは 年末テレビでやっていたのを見ました。

あら、年末にやっていたんですか?
全然気が付きませんでした。

私はアニメはまず見ないんですが、
たまにいいもんですね。

ROUGE さんへ

私は、小学校低学年くらいまでですね。

小学校4年生の時に子供向けの文学全集に目覚めてから、
アニメ(当時は漫画ですね)は全然見なくなったんですよね。

今回観て、意外に面白いことを発見しました(笑)

借りぐらしのアリエッティ、
観に行こうかと思いましたよ。
結局、行きませんでしたが やはり良かったですか^^
今度レンタルで借りて観てみます(*^_^*)

こんばんは。

私もアニメは見ますが、映画はほとんど観てないですね~
テレビで放送されていてたまたま見れた時くらいかな??
ジブリ二つ三つ観たことがありますが・・・

今は映像も綺麗ですし、よく出来てますよね(^-^)

おはようございます!
いつも、どうもありがとうございます♪

今のアニメは社会に対するメッセージ性があるので
大人も楽しんで、またよく考えてみることができるようになってますね♪

アリエッティはちょっとだけ実はスタッフの1人として参加してたんですよね(笑)
ただクレジットは出てませんけど・・・(悲)

またよろしくお願いいたします♪

アリエッティは年末にTVで見ました。
宮崎駿さんの作品はいつもハッピーエンドなのですが、どういうわけか切ない気分が残ります。
絵も綺麗で迫力があって、ストーリーも面白いのですが、切ないのです・・・・

ワカメパパさんへ

淡々としている中にも、切ない感じとかほのぼのした部分もあり、良かったですよ。

大人の鑑賞にも良い作品だと思いました^^

milkywayさんへ

テレビのアニメも孫が来ているときに一緒に見るくらいですね。

アニメの映画はまず観ることはないですね。

℃も、今回観て少し考えが変わったかも・・。
アニメでも良いものは良いですね!

スーパーサイドバックさんへ

> 今のアニメは社会に対するメッセージ性があるので
> 大人も楽しんで、またよく考えてみることができるようになってますね♪

そうなんですね~!

> アリエッティはちょっとだけ実はスタッフの1人として参加してたんですよね(笑)

まぁ、そうなんですか~?
スーパーサイドバックさんは、幅広くご活躍なんですね~。
そう聞きますと観る目がまた違ってきます^^


> またよろしくお願いいたします♪

びらんどらさんへ

> アリエッティは年末にTVで見ました。

そうなんですね~、気が付きませんでした。

> 宮崎駿さんの作品はいつもハッピーエンドなのですが、どういうわけか切ない気分が残ります。
> 絵も綺麗で迫力があって、ストーリーも面白いのですが、切ないのです・・・・

私は、初めてみましたが、確かに切ない気分が残りましたね。

あけましておめでとうございます^^;
遅まきながら・・・御挨拶です^^;

会社の始動と共にブログも再開です(笑)
ディズニーアニメもジブリアニメもmisyatoは好きですね^^;DVDを持ってるぐらい(笑)
ディズニーのお気に入りは「不思議の国のアリス」
ジブリは「魔女の宅急便」とか「風の谷のナウシカ」とかかな~~結構昔のもののほうが好きかも?アリエッティは見てないからなんともだけど・・・^^;

お孫さんいたらこれからいろんなこと教えてもらえるね^^;発見もあると思う今回みたいな

楽しみですね^^v

misyatoさんへ

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくね~!
「不思議の国のアリス」も「魔女の宅急便」「風の谷のナウシカ」も観たことが無いですね~!

今度観てみますね。

まぁ、孫がいなければ知ることが無かったことも、知る機会は増えますね。
いつまで、祖父母の元へ来てくれるかわからないですけどね~。
Secret

検索フォーム

ブログ内の検索にどうぞ

プロフィール

mamicoco

Author:mamicoco
専業主婦 
パソコンに夢中なおばさんです。
ニックネーム COCOマミー
星座  いて座
居住地  北海道 

クリック募金

クリックで救える命がある。

JWordクリック募金

楽天





ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

モラタメ.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

blogram

ブログランキングならblogram

Admax

PINGOO

Twitter

Adgger

アフィリエイト

リンク集

その他リンク集

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

フリーエリア