08
1
3
4
6
7
8
9
10
12
13
14
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

知っておきたい海外でのマナー

「テポーレトクトク便り」というメルマガに載っていました。


私は海外旅行に行ったこともないし、行きたい気持ちも無いんですが、
日本とは違った習慣など読んでいて面白かったですよ。


知っておきたい海外でのマナー

●チップ、撮影注意、防犯対策は海外の「常識中の常識」

まずは、海外旅行における「常識」をご紹介。海外では当たり前でも、日本ではなじみのないものの筆頭といえば、チップではないでしょうか。
サービス業に関わる人たちはチップで稼いでいるといわれるほど、海外では必要不可欠なチップ。レストランでの食事の場合、国や地域、店のランクによりますが、飲食した料金の10~20%が相場です。電卓を取り出してきっちり計算している人を見ることも。ただし、料金にサービス税が含まれている場合は払う必要はなく、「あまりにもサービスがひどい!」という場合も、この限りではありません。

タクシーの場合も、料金の10~15%がチップの目安。さらに、ホテルでベルボーイやコンシェルジュ、ドアマン、クローク、ルームキーパーなどからサービスを受けたら、日本円で100~200円のチップを渡すようにしましょう。
ルームキーパーへのチップは、ベッドの枕元などに置いておけば大丈夫です。

チップ以外で覚えておきたい常識の一つが、「写真撮影」。軍事施設はもちろん、空港や政府施設、王宮など、海外では撮影が禁止されている施設やエリアが多いもの。
また、写真を撮られることを嫌う人やモデルを職業にしている人もいます。
風景や施設を撮影する際には、近くに撮影禁止の標識がないか確認したり、係員に尋ねたりして注意しましょう。

さらに、「防犯対策」をしっかり行うことも基本。
バッグを持つときは、たすき掛けにしただけでは不十分です。
ショルダー部分を引っ張られて、思わぬケガをしてしまうことも。
たすき掛けにした上に、上着を1枚羽織ることをおすすめします。


●ゲップは「食事に満足しました」のサイン!?

海外旅行での大きな楽しみといえば食事。
続いては、レストランやホテルで食事をするときのマナーを紹介します。
国によって千差万別とはいえ、日本では当たり前のことでも、地域によっては眉をひそめられてしまうことも。
どの国でも気を付けたいのは、「麺やスープは音を立てて食べない」ことです。
パスタはもちろん、ラーメン(中国などで)やフォー(ベトナムなどで)を食べるときもそう。
箸で麺をれんげに入れてから口へ運ぶようにしましょう。

国別の食事のマナーを見ていくと――韓国では、茶わんや皿は手に持たず、テーブルに置いたまま食べます。現地の人と食卓を囲むときは、年長者から箸をつける習慣があります。お酒を飲むときも、年長者に断らなくてはなりません。中国では、食事を少し残すこと。全部食べてしまうと「まだ足りない」とアピールしていることになります。

そしてトルコでは、食事の際にナイフの手渡しをしないこと。
ケンカをしかけていると思われてしまいます。
アラブ諸国では手を洗いに席を立つのが、「ごちそうさま」の合図です。
ちなみに、海外では「オナラよりも下品」とされることも多いゲップですが、中国やイスラム圏では「食事に満足した」というサインになるとか。

食事という行為は世界共通。最後までおいしくいただくためにも、
失礼にあたらない程度のマナーを身に付けておきたいですね。


●OKサインやピースサインをしたら怒られる!?

日常的な行動まで範囲を広げると、さらにさまざまなマナーが存在します。
中には、日本とは真逆の意味をもつものも少なくありません。
例えば、相手から唾をかけられたら怒りますよね? 
ところがこれが東アフリカでは、相手に「良いことが訪れますように」と願う行為。
唾には、魔よけの意味があるのです。

また、日本ではかわいい子どもを見ると、つい頭をなでたくなりますが、
タイやインドでは失礼にあたります。
体の最上部にある頭は、精霊が宿る場所と考えられており、
頭に触れることは厳禁とされているのです。

日本とは反対の意味をもつケースは、ちょっとしたジェスチャーにも。
親指と人さし指をまるめるOKサインは、ブラジルでは侮辱のジェスチャー。
勝利や平和を意味するピースサインも、イギリスでは相手に手の甲を見せると、侮辱のサインとなってしまいます。
また、インドでは「イエス」のときには
首を横に振り、縦に振ったときは「ノー」を意味します。

ちょっとした行為やジェスチャーの行き違いであれば、
ひと言謝れば許してもらえそうですが、シンガポールでガムを食べてしまうと、簡単には許してもらえません。
もっと言えば、食べるだけでなく、所持しているだけでも罰金刑になってしまいます。


郷に入っては郷に従え。国や地域によって、独特のしきたりやマナーが存在します。
海外旅行へ行くときは、観光スポットだけでなく、
現地の習慣や国民性などの知識も頭に入れておくと安心ですね。



チップは、そういう習慣が無いので自然にそういう行為が出来るかどうか・・・

丁度、昨夜の「世界の日本人妻は見た・・・・・」という番組の中で、モナコに住んでいるというあのデューク更家さんの奥さんが出ていましたね。

チップを1カ月に50万円も使うそうで、
びっくりでした~!






「ココビタ」でこの記事をチェック!「ココビタ」でこの記事をチェック!












関連記事

theme : 生活・暮らしに役立つ情報
genre : ライフ

Comment

チップですか。
海外旅行に当分出かけていないし、この先も出かける予定がないので気にしなくていいかも!v-12

ichigekiさんへ

私も、多分この先海外なんて行くことは無いと思うので、
気にする必要はないんですけどね・・。

でも、ちゃんとお給料もらってるだろうに、
どうもこのチップという制度が私には理解できないです。
Secret

検索フォーム

ブログ内の検索にどうぞ

プロフィール

mamicoco

Author:mamicoco
専業主婦 
パソコンに夢中なおばさんです。
ニックネーム COCOマミー
星座  いて座
居住地  北海道 

クリック募金

クリックで救える命がある。

JWordクリック募金

楽天





ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

モラタメ.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

blogram

ブログランキングならblogram

Admax

PINGOO

Twitter

Adgger

アフィリエイト

リンク集

その他リンク集

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

フリーエリア